最高裁の違憲判決 - 「伝家の宝刀」をなぜ抜かないのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

最高裁の違憲判決 - 「伝家の宝刀」をなぜ抜かないのか

  • 著者名:山田隆司
  • 価格 ¥628(本体¥571)
  • 光文社(2012/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

最高裁が法令違憲の判決を下したのは、発足後64年間でわずか8件。果たして最高裁は、「伝家の宝刀」である違憲審査権を適切に行使してきたのか? 本書は、憲法に対する最高裁の「姿勢」を浮き彫りにするとともに、歴代の最高裁長官の事績を追うことによって、違憲判決の歴史を舞台にあげる。この1冊で、違憲・合憲を判断する枠組みがわかること、請け合いである。

目次

序章 違憲判決とは何か<br/>第1章 政治からの「逃避」―1947~1969 政治に踏み込まず、の“家訓”を宣言<br/>第2章 北風と太陽―1969~1982 「公人」に厳しく「私人」には優しく<br/>第3章 審理方法に変化の兆し―1982~1997 「規制目的二分論」に疑問符?<br/>第4章 「救済の府」の覚醒―1997~ 人権保障の砦に<br/>補章 「1票の格差」訴訟を追う<br/>終章 岐路に立つ最高裁―国民に近づける3つの改革案<br/>識者インタビュー