中経出版<br> 採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

中経出版
採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する

  • 著者名:小島美津子
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • KADOKAWA(2012/06発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

(本文 「はじめに」 より)厳しい経済情勢が続くなか、たとえ実力があってもWeb応募や書類選考で落とされ、面接にたどり着けない転職希望者がますます増えています。「なぜ、落とされたのか?」という個別の問いに応募先企業が答えてくれることはありません。けれど、落とされるのは理由があります。そして、その理由を生み出す要因となっているのが、応募者と採用側との間にある「応募書類の捉え方や見方」のギャップなのです。まったく見ず知らずの応募者から届く応募書類……。そこに、少しでも不誠実なにおいを感じとれば、警戒しない採用担当者はいません。「このくらいならいいだろう」と思うような、ささいな手抜きやミスで、実に多くの応募書類が予選落ちしています。本書では、応募書類作成の考え方や書き方の基本と同時に、採用選考の現実をふまえた注意点も記しています。これまで著者がふれてきた中途採用現場の声を参考に、採用側の見方をできるだけわかりやすく伝え、また応用しやすいものとなるように努めました。この1冊が少しでもお役に立ち、読者の方々の転職成功の一助となれば幸いです。

目次

基礎編 転職成功・不成功の分かれ道(自分に合う会社をどうやって見分けるか 「予選落ち」してしまう書類の共通点)
実践編 「どう見られるか」がわかれば書き方がわかる(採用側にとっての応募書類とは プロフィール欄で何を見られるか 学歴・職歴や資格・スキルで何を見られるか 志望動機・自己PRで何を見られるか 通勤時間・希望事項で何を見られるか)
応用編 ケース別の応募書類と提出方法(職歴のケースによる応募書類の書き方 職種による応募書類のポイント 提出時の印象で評価を変える)