ブルーバックス<br> 低温「ふしぎ現象」小事典 0℃~絶対零度で何が起こるか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
低温「ふしぎ現象」小事典 0℃~絶対零度で何が起こるか?

  • ISBN:9784062577519

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

凍った魚が蘇る「生体冷凍保存術」。最高の美味を極める「冷凍と解凍の科学」。本当は恐ろしい「低体温症」の話。無風なのに真横に煙がたなびく南極大陸の怪奇。ダークマターを捉える超ヘビー級の低温液体。電気抵抗がゼロになる「超電導」や、壁を這い上がる忍者液体「超流動」。氷点下をはるかに下回る世界で、なぜ「ふしぎ現象」が生じるのか、低温技術で何ができるかを網羅した「温度別」読む事典。(ブルーバックス・2011年12月刊)

目次

はじめに
目次
1章 低温の世界へようこそ 常温~-2℃
2章 「極寒の大陸」南極の低温世界 -1.4℃~-78℃
3章 極低温技術の驚異 -18℃~-269℃
4章 「永久気体」も凍りつく 4K~2.2K
5章 究極の低温 1K~K
参考文献
執筆者紹介
さくいん 巻末

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chibaf

3
熱力学、量子力学、低温の作り方(特に液体ヘリウム)の話、人工衛星での低温の応用の話が参考になった。熱力学の副読本に良いかも。2017/03/17

J_Kai

1
前半は、日常にある低温や身近な現象を解説していて、とても読みやすい。後半は、物理学の世界に興味や知識がないと、読み進めるのが大変。冷やすってどうやるのかな?ってことが少しわかる本です。2015/01/04

キンタロー。

1
典型的な文系人間の私からしたらオッパッピー!(´Д` )でした。 このような分野に少しでも耐性をつけるべく、少しづつ色んな書籍・文献等を素人なりにも読んでいこうと思う。2013/04/05

tamnavulin_1968

1
超流動、興味深い。2012/06/15

にたす

1
初めの方は南極で起きる珍しい現象くらいだったのが、途中からは超流動ヘリウムの話が大部分を占めるように。図では簡単に描かれている実験の方法についてかなり詳しく説明があるから、設備を使える環境と知識があれば再現できるようになっている? 「綿で栓をしておくとよいでしょう」と言われても。最後はまた量子力学か……という感じ。2012/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4358435

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。