集英社文庫<br> ハッピー☆アイスクリーム

個数:1
紙書籍版価格 ¥462
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
ハッピー☆アイスクリーム

  • 著者名:加藤千恵【著】
  • 価格 ¥385(本体¥350)
  • 集英社(2013/06発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087467741

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

そんなわけないけどあたし自分だけはずっと16だと思ってた――将来への不安、不意に訪れる孤独、どうしようもなく募る恋心。女子高生の揺れる気持ちを鮮やかに切り取り、話題を呼んだ17歳のデビュー短歌集に、胸にせまる青春小説5編を加えたリミックスバージョン。思春期のとまどいがリアルに息づき、切ない共感と甘い郷愁をさそう。きらめく言葉がぎっしりつまった、宝石箱のような作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

91
切なくてぎゅーっとなる青春が詰まっていました。女子高生のリアルさが心に突き刺さります。みずみずしい感性が愛おしい。揺れる気持ちを鮮やかに切り取っていて思春期のときめきが伝わってきました。巻末の短歌もきらめく言葉で詠まれています。宝石箱のような1冊でした。2016/03/15

masa@レビューお休み中

75
女子高生の日常を描いた5つの物語は、失恋・不安・挫折・嫉妬・希望といった、さまざまな状況や感情が入り混じったものである。物語のあいまあいまに、短歌がはさまる。まるで、そこが区切れのように、息つぎをするかのように行間にさりげなく挿入される。そこには、女子高生のもつさまざまな悩み、背伸びすることのない等身大の想いが歌われている。あぁ…もしかすると、その昔、歌を詠みあっていた貴族たちも、こうやって呼吸をするように当たり前のように歌を作り出していたのかもしれない。そんなことを、加藤千恵の短歌を読んでいて感じた。 2012/04/16

ひめか*

50
全て恋愛だと思ったら、友情を描くお話もあった。大学への憧れの描写すごくわかる。著者が当時を思い出しながら書いてるのかなと思いきや、17歳の時の作品なのね!道理で高校生の心情をとても理解してる。『十八歳で夏』が特に好き。恋って訳ではないけど、見知らぬ人とのこういう出会いもいいな。『不幸な場所』は思春期女子の友達同士の関係や心情がとても上手く表現されてた。あるあると思いつつ、若いなと思いながら読んだ笑。『いつか話す手』アリーは良くないよ。二股かけるなw加藤さんの短歌初読。短歌というより物語の一文のようだった。2015/07/25

真澄

38
同じ著者、同じタイトルの本を読んだのは6年前。その本は著者の短歌のみ編集された本だったけど本書は短歌に合わせた青春小説5作品を含んだもの。加藤氏の作品はあの頃確かに感じていた感覚を思い出させてくれる。2020/05/14

太田青磁

36
18で夏〈歩道橋に立って遠くを眺めてた 空は近くて遠くは遠い〉いろんなものを抱えなきゃいけない気がする時期。あるべきものはそこにあるという事実に気づけるのは素敵だ・不幸な場所〈いつどこで誰といたってあたしだけ2センチくらい浮いてる気がする〉感性がほんの少しだけ鋭ければ、わずかに浮いてる気がするのかもしれない。2センチくらいという絶妙な距離感がなんとも言えない感じ・いつか離す手〈日常は淡々としてあの人はあたしのものにはなってくれない〉優柔不断な態度に流されつつも、手を離すことができたら一歩大人になるのかな2012/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4492223

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。