箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡

  • 著者名:佐山和夫
  • 価格 ¥1,242(本体¥1,150)
  • 講談社(2013/11発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

挫折を味わった者だけが、人生の勝者になれる――明治45年、日本が初めて参加したストックホルム・オリンピックで味わった屈辱の途中棄権。しかし、逆境をバネに後進の育成に努めた金栗は、箱根駅伝のほか、福岡国際マラソンを創設し、自らも54年8ヵ月余の歳月をかけて、ついにマラソンのゴールラインに辿り着いた。

目次

第1章 一〇〇年の時を超えて
第2章 オリンピックまでの道程
第3章 灼熱のストックホルム
第4章 力尽きるまで
第5章 その後の金栗四三
第6章 箱根駅伝を創った男
第7章 幻の東京オリンピック
第8章 ペトレ家の人々
第9章 人生という名のマラソン
第10章 勝者の行く末