さよならファントム

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy
  • Reader

さよならファントム

  • 著者名:黒田研二【著】
  • 価格 ¥1,023(本体¥930)
  • 講談社(2014/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061827882

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

事故で大怪我を負った若きピアニスト・新庄篤。それから三ヵ月。ようやく歩けるようになった当日に妻の裏切りを知った彼は、激情のあまり彼女を殺してしまう。すべてを失い、命を絶つため家を出た篤だったが、ひょんなことから美少女・ココロと行動を共にすることに。彼女の周りでは命を落としかねない危険な事件が続いていた。一方、街では連続爆破事件まで発生! 篤の運命は!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

koma-inu

24
4点 「死神が登場するが、ファンタジーでは無い」「名探偵は登場しないが、本格ミステリ」という帯に相応しい作品。中心となる○○が○い事は、全編に記載あったのか〜と驚きました。ある一点の隠蔽された事実を開示する事で、ファンタジーからミステリに変わる手法が秀逸でした。生きる希望を見出し、タイトルに意味を込めたラストが、非常に印象的です。2021/11/21

ren5000

20
本のタイトルから読み出してなんとなくオチはわかってしまったけど、そこそこ面白く読めました。内容的には重い話なんだろうけど文章が明るいので読みながら暗くならなくてよかった。2015/03/25

kowalski

20
う~ん、そうだったのか。最初に感じた部分が徐々に無くなっていくけど、ものすごい違和感にさいなまれていました。最後に来て納得ですね。それにしても、奥さんよくついてこれましたよね。あんな情けない亭主なら捨てられても仕方がないけどね。2012/02/23

みなみ

19
事故で大怪我を負ったピアニストが主人公のミステリー。なかなかネタバレなしに面白さを伝えるのは難しいけれど、真相を分かった上でもう一度読むと、きちんと伏線が張りめぐされていることが分かって、なおさら面白かった。クマのぬいぐるみのクーニャのやさぐれ具合が良い感じ。2022/01/23

eclipse1228

16
黒田研二3年ぶりの新刊である書き下ろし長編。三ヶ月前交通事故に遭い寝たきりのピアニスト新庄篤は、妻の不貞を疑い首を絞めて殺してしまう。家を出た彼は不可解な出来事に次々遭遇する美少女ココロと出会い行動を共にするが……。ホラーでもファンタジーでもなく本格ミステリーだと宣言する、カバー折り返しの著者の言葉を信じて読み進めるが、この物語をどうまとめるのだろうと不安になるばかり。しゃべるぬいぐるみなどファンタジーとしてしか説明のつけようのない出来事が起こるのに、最後は本格ミステリーとしてきれいにまとめてくれました。2012/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4342053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。