女子をこじらせて

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

女子をこじらせて

  • 著者名:雨宮まみ【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥933)
  • ポット出版(2012/08発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784780801729

ファイル: /

内容説明

「女子」という生きづらさに真っ向から向き合う半生記!ブログ「弟よ!」で人気の雨宮まみが全国のこじらせ系女子に捧ぐ! 非モテからなぜか「職業・AVライター」になった…その曲がりくねった女子人生を描く怒濤の13万字!! 『モテキ』の久保ミツロウ(漫画家)氏との特別対談も収録!

目次

第1章 女子をこじらせて(職業AVライター;暗黒のスクールライフ中学校編;暗黒のスクールライフ高校編 ほか)
第2章 セックスをこじらせて(さすらいのバニーガール;アダルトビデオジェネレーション;ユミと呼ばれた女 ほか)
第3章 「私」をこじらせて(「女」の名前;「女」だから;「女」と「弟」 ほか)
特別対談 久保ミツロウ×雨宮まみ『こじらせガール総決起集会!』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

474
女子だったら生まれながらのゴージャスでない限り、誰でも一度はこじらせた時期があるのではないか。そんな女子の黒歴史を逆なでした上で、優しくバンドエイドを貼ってくれるような作品。この世はとても、彼女にとっては生きにくいものだったのだろう。2019/09/07

harass

73
KindleUnlimited。レビュで気になり読む。2011年のAVライターの著者の告白。田舎の浮いていたサブカル少女は東京を目指し、アダルト業界に…… こじらせることを隠さずに語っていて、途中引きまくる。なにもそこまでと。女であることの意味、ジェンダー論にもつながる葛藤と悩みとあがきと、それらを踏まえて内面の折り合い。女性がここまであけっぴろげに語ることへのおののきは一体なんだろうか。こじらせっぷりにあまり笑えないのだがぜひ一読を。と、調べたら著者は四年前に亡くなっていた。自殺ではないようだが。2020/01/06

もう中毒性・寺

69
図書館の伝記コーナーで発見(笑)。題名が他の本と違和感があるので手に取り、パラパラめくるとエロい単語だらけなので迷わず借りる(恥)。まずは著者がAVライターである事の自己紹介。初めてAVを見たのは大学受験で一人で泊まったホテル。「赤本すら開かずにとても人には言えないような行為に没頭」したとの事(笑)。こんな感じで笑いがふんだんに入った著者の自伝なのだが、就職するあたりから笑いの要素が失せ、女である事や私である事の苦悩と思索と考察の軌跡に。最終的に著者が開いた悟りは貴いと思う。皆に読んでほしい。2014/06/20

lonesome

55
この本は雨宮さんと同じような女の人へのエールとして書かれてるけど、男でもとても共感できる。自分もこんな自分に好きになられても迷惑ですよねと思ってしまう。だけどこの卑屈さは誰かにとっては鼻につくのかもしれないな。なぜならどうせ自分なんかという評価は、自分で決めるものではなくて相手が決めるべきものだからだ。「モテキ」もすごく好きなので、ミツロウ先生との「モテキ」の登場人物に例えて展開する対談もわかりやすく面白かった。あとがきの文章も良くて、なんだか好きな人と話したいと思った。2014/05/04

りいこ

28
ずっと読みたいと思っていましたが、私には合いませんでした。雨宮さんがライターとして働き出したあたりから愚痴のオンパレードで…。本には共感だけを求めているわけではありませんが、愚痴というのは共感できる内容でないと本当に疲れます。自信がないのに奇抜な格好をしたりバニーガールになったり友達の男と寝たり、これもよくわからない感覚です。性差の悩みには多少は共感を覚えますが。……私は雨宮さんほどには女であることをこじらせていないんだとわかりました。2015/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4361019

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。