ハヤカワ文庫JA<br> 探偵はバーにいる

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • 電子書籍
  • Reader

ハヤカワ文庫JA
探偵はバーにいる

  • 著者名:東直己【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 早川書房(2013/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784150305215

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする〈俺〉は、いつものようにバーの扉をあけた。そこにいたのは大学の後輩。同棲している彼女が戻ってこないという。どうせ大したことあるまいと引き受けた相談事は、いつのまにか怪しげな殺人事件に発展して……。面白さがクセになる、新感覚のハードボイルド登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

290
「一度お話を伺いたかったの 探偵さんは普段ススキノのバーにいらっしゃるの? 道理でお酒の薀蓄や繁華街の裏事情に詳しくっていらっゃるのね! それにケンカも強くて女の子にはそんなに興味がないの? まぁダンディーね(笑) でもあれね、北海道言葉って結構聞き辛いのね ビックリしちゃった 今日は興味深いお話をありがとう えっ、また何時でも聞かせてあげるですって あら、ありがとう でも、もう私充分だわ 再びお逢いすることはないと思うわ どうぞ御機嫌よう!」 <(^_^;2013/12/30

修一郎

226
ススキノ探偵シリーズに手を出してしまった。新宿鮫シリーズだって読み始めなのに。私のイメージのハードボイルドとはちょい違ってました。ゆるめハードボイルド? 俺が恬淡としてるし独り言は長いし…俺の矜持はどこに? 俺の減らず口がいいんだな,ニヤリとさせられる。この本の持ち味ですね。ストーリ-としてはやや膨らませすぎでついていくの大変。登場人物もお店も多い!このシリーズ,12作まで出ている。そのうちパソコンやメールも出てくるという噂。まずは映画化された,2作目行きます。2014/03/29

Tetchy

221
一読後の率直な感想としては若書きの三文芝居のようだというのが本音。まず主人公が28歳という設定に微妙なずれを感じた。この齢でやくざに一目置かれるとは想像がつかない。ファッションや流行語が古めかしく、その時代でしか楽しめない風俗小説といった色合いを濃く感じさせる。タイトル『探偵はバーにいる』がまずいけなかったのだと思う。このハードボイルドど真ん中のような題名から想像した文体と真逆の文体からギャップを感じてしまった。軽めの文章だっただけに印象も軽くなってしまった。2作目はもっと時間を置いてから読もう。2010/01/27

再び読書

190
バーにかかってきた電話から、読み始めたが、中途半端な感が否めない。ハードボイルド、酒、ストーリー、唯一読みやすさが救いかな。次に期待が正直なところかな2012/08/05

ehirano1

183
『知らぬが仏』とはまさにこのことだなと、エンディングを読んで思いましたwww。2021/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504921
  • ご注意事項