講談社学術文庫<br> 逆賊と元勲の明治

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,012
  • Kinoppy
  • Reader

講談社学術文庫
逆賊と元勲の明治

  • 著者名:鳥海靖【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 講談社(2014/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062920810

ファイル: /

内容説明

明治日本の現実の歴史過程に対して、生身の人間の個人的意思や言動、個性などは、いかなるかかわり合いを持っていたのか。西郷隆盛の「銅像建設問題」、危機の時代における「長老」の役割、政治家・明治天皇の伊藤博文への信頼と不満、軍人・山県有朋の日露開戦反対論など、先入観とフィクションを排した透徹した視線で「歴史」と「人間」を論じる。(講談社学術文庫)

目次

第一章 「逆賊」たちの明治
謀反人西郷隆盛の銅像/「反面教師」としてのフランス/政府高官に取り立てられた「逆賊」たち/明治維新は「反革命」であったか?/反対派からの人材登用/左翼活動家の活用/独裁と粛清を欠く日本/大鵬型の柔構造
第二章 維新の「舵」を取った指導者たち
明治維新の三傑/西郷の軍事的手腕/大久保の政治的手腕/木戸の優れた着想/知の人・情の人・意の人/三傑の一致団結/岩倉使節団と国内の政争/留守政府における内紛/大久保と木戸の対立/征韓論をめぐって/三人の死、そして第二世代へ/西郷起つ/三傑の後継者作り
第三章 明治の政界に君臨した両雄
伊藤博文と山県有朋/幕末の志士として/伊藤の人脈/山県有朋と徴兵制の制定/憲法起草と伊藤/政治家山県の登場/政党対策をめぐる二人の対立/元老会議の激論/伊藤と立憲政友会/短命だった第四次伊藤内閣/対照的なパーソナリティ/派閥形成能力の違い
第四章 草創期の政党指導者たち
高まる国会開設運動/大久保死後の明治政府/開明派三人組/大隈意見書の波紋/追放された大隈重信/自由党成る/立憲改進党の結成/自由党の活動と政策/「腕力党」対「知力党」/「板垣死すとも自由は死せず!」?/両党の反目と衰退/民党大合同をめざして/新タイプの政党指導者たち/政界横断から政界縦断へ
第五章 明治天皇と元勲たち
天皇研究の難しさ/伊藤博文との衝突/森有礼と陸奥宗光の起用に難色/欧化政策への不満/明治憲法における天皇の地位/元老たちの役割/日本の天皇とヨーロッパの君主/爆発した天皇の怒り
第六章 隠された日露開戦反対論
山県有朋の手紙/戦争体験の意味するもの
付 章 長老たちと「危機の時代」
「政治の若返り」待望論への疑問/長老指導者の役割
あとがき
学術文庫版のあとがき