角川oneテーマ21<br> 「始末」ということ

個数:1
紙書籍版価格 ¥781
  • Kinoppy
  • Reader

角川oneテーマ21
「始末」ということ

  • 著者名:山折哲雄
  • 価格 ¥615(本体¥570)
  • KADOKAWA(2014/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

どのように自分の死を迎えるか。そのためにどんなことを覚悟すべきか。日本人の死生観や葬送のあり方から、自らのモノの始末、こころの始末まで、宗教学の第一人者が語る「いのち」の締めくくり方、「終活」の提言。

目次

第1章 日本人はなぜ火葬にこだわるのか
第2章 骨と日本人 肉体の始末を考える
第3章 死を想う こころの始末のつけ方
第4章 喪失と慰藉―「天然の無常」のなかに生きる知恵
第5章 生きる覚悟、死ぬ覚悟―生死の根本思想
第6章 人生80年、わが身の始末