PHP新書<br> 日本人として読んでおきたい保守の名著

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
日本人として読んでおきたい保守の名著

  • 著者名:潮匡人
  • 価格 ¥679(本体¥618)
  • PHP研究所(2011/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569800073
  • NDC分類:311.4

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

国家存亡の危機にある我が国に、いま保守思想が求められている。バーク、カール・ポパー、ハイエクなどの代表作から保守の本質に迫る

【著者紹介】
評論家

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

173
バーク、トクヴィル、ハーレント、ハイエク、ポパー。保守の知識人の基礎教養について。読むべき著書が紹介される。自分は保守ではないと主張する人も含まれており、人物を語ることの難しさが伺われる。一貫するのは人間にすべてを任せてはいけないという信念。独裁者は言うまでもなく、民主主義的多数決にもすべてを任せてはならないとするのが保守。何事も急進は良くない。2021/04/14

mitei

27
保守主義を唱えた有名な本がよくわかった。がかなり保守とはこれ以外認めないとか、特定の保守論者を持ち上げたりとあまりに頑迷固陋なんだかなという本だった。2011/09/15

くも

10
ためになる本だと思う。保守の知識人として分類されるべきか微妙な人も紹介されているが、本の流れから見て不自然ではない。エドマンドバークの『フランス革命の省察』は基本中の基本。2021/05/21

phmchb

7
某図書館の新書コーナーで見かけて借りてみた。別の本やYoutubeで見聞きしたことある人物や本もあった。気になる本がやばい勢いで増えた(;´・ω・)【メモ詳細は以下のコメント欄で】2019/04/20

しゅんのすけ

2
バーク、トクヴィル、チェスタトンからハイエクまで、粗々の感はあるが網羅的に紹介してくれる。ルソーやマルクスが教科書で手厚く掲載され、フランス革命を進歩と描く我が国の現状に鑑みると、これら保守思想の古典は確かに日本人として知っておくべき基礎教養であろう。但し、紙幅の関係だろうが、紹介の内容は決して深くはなく、孫引き的な引用も多い点は残念であった。2014/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4039206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。