幽ブックス<br> ひとり百物語 闇より深い闇 怪談実話集 - ひとり百物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幽ブックス
ひとり百物語 闇より深い闇 怪談実話集 - ひとり百物語

  • 著者名:立原透耶【著者】
  • 価格 ¥1,257(本体¥1,143)
  • KADOKAWA(2014/04発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784840139793
  • NDC分類:147

ファイル: /

内容説明

「視える」著者、加門七海、伊藤三巳華とともに、読者から「怪談シスターズ」と呼ばれる作家・立原透耶の『ひとり百物語』第3弾。自身の体験談、友人・知人・家族の話など、ひとりに集まる実体験だけで、100話。淡々としていて品がいいのに、怖さ極上。人気バンド・Base Ball Bear(ベースボールベアー)の小出祐介氏が取材協力。

目次

『ひとり百物語』に関する話
足音
ガシャガシャ
無言電話
午前二時のブランコ
赤いハイヒール
人感センサー
S区の話
お化け倉庫
お疲れ様〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

p.ntsk

34
“視える作家”立原透耶さんの実話怪談第3集。今回は立原さん自身の体験談は少なく他の方から聞いた話が多かった。ご自身の話の方が描写も細かく生々しいように思う。伝え聞きは話がざっくりとして創り物のホラーのようでいまひとつリアリティーに欠ける気がした。 2017/09/27

中原れい

13
三読くらい…。経験豊富な知人に続けて聞き取りした記録も入り、シャレにならない怖さとほのぼの担当動物の種類とが増えた。2018/02/16

あかつき号

9
怪異は起こらないが、貪るように読む。怖いんだけど、ひどく近しい世界なのだ。2017/07/15

じじちょん

6
作者や知人の体験談が語られています。いくらか脚色されているとはいえ、なかなか不気味な話が多いです。視えてる人は大変だな…と思いました。2018/08/24

002

5
夜に読む勇気はなく、昼間に読了。怖かったー!霊感なくてよかった!2014/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3391775

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。