大学政策論

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,640
  • Kinoppy
  • Reader

大学政策論

  • 著者名:岩崎保道【編著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 大学教育出版(2013/12発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864290685

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

高等教育機関においては、その役割に対する大きな期待の半面、様々な課題が挙げられている。大学の役割や機能、制度などの基本的な概要を概観し、大学に関わる諸課題を解説することを通じて、現在の高等教育制度の全体像提示する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

客野

0
教科書として使われることを目的に作られたのだろうか?というくらい読みやすい。理論と実践例がバランスよく混ぜられ、詰まることなく(もちろん得るものは多い)読み終えた。ただ、筆者の主張=論 というよりむしろ、大学制度の基礎知識を網羅している印象で、そういう知識を得られる点で役立った。ちょっと面白かったのは、FDとは別にSDの章を設けていた点だろうか。2016/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3589004

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。