ディスカヴァー携書<br> 脳科学より心理学

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ディスカヴァー携書
脳科学より心理学

  • 著者名:和田秀樹【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン(2014/07発売)
  • 令和初!初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/26)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

つい数年前まで「脳科学は万能である」ともてはやされたブームも、いまやすっかり下火になりました。精神科医として活躍する和田秀樹さんは、当時のことを「前時代的な幻想だった」と振り返ります。
曰く、脳科学はまだまだ過渡期にある学問で、ほとんどの学説がいずれ覆るかもしれない仮説にすぎず、再現性・実証性に乏しいものだった、と。

ポスト脳科学時代のいま、私たちの頭を良くするものとして和田さんが提唱するのが「心理学」です。
心理学といっても、肝は「仮説→結果を分析・検証→再び仮説…」のサイクルを癖として持つこと。これを回し続けるだけで、マーケティング、セールス、マネジメント、ひいては生き方そのものにも応用することができます。

さあ、あなたもこの21世紀型の「頭の良さ」を、一足先に身につけてみてください。

目次

プロローグ 脳科学ブームは、前時代的な幻想である
第1章 心理学は、脳のソフト全般を扱う科学である
第2章 脳科学の限界
第3章 心理学で頭を良くする
第4章 やる気の心理学
第5章 心理学をビジネスに応用する
第6章 心理学はなぜ誤解されるのか