角川SSC新書<br> 漢字が日本語をほろぼす

個数:1
紙書籍版価格 ¥907
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川SSC新書
漢字が日本語をほろぼす

  • 著者名:田中克彦
  • 価格 ¥723(本体¥670)
  • KADOKAWA(2014/04発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本人の漢字好きは今に始まったことではないが、それが日本語人口を減らす原因だ。人口が減る中、もっと外国人に日本語を話してもらわなければ、日本語に将来はない。日本語の生き残りのために、漢字を捨てよう!

目次

第1章 日本語という運命(日本語の状況 母語ペシミズム ほか)
第2章 「日本語人」論(日本人ではなく日本語人がたいせつ バイリングアル日本語人 ほか)
第3章 漢字についての文明論的考察(「漢字文化圏」論 日本は漢字文化圏の行きどまり ほか)
第4章 「脱亜入欧」から「脱漢入亜」へ(日本は中国と「同文同種」か 中国語は日本語よりも英語に近い ほか)