10代の子をもつ親が知っておきたいこと――思春期の心と向きあう

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

10代の子をもつ親が知っておきたいこと――思春期の心と向きあう

  • 著者名:水島広子
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,100)
  • 紀伊國屋書店(2013/06発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

いじめ、不登校・ひきこもり、反抗期、性的逸脱、ドラッグ、うつ病、摂食障害――思春期の問題行動や心の病には「自尊心」の低さがひそんでいる。人気精神科医が教える、「自尊心」と「コミュニケーション力」の高い子どもの育て方。

■思春期のうつ病は、大人と同じくらい多い?
■「虐待」と「しつけ」の境界線は?
■禁欲教育はかえって中絶率を高める?
■薬物に手を出す子に「いい子」が多い理由は?
■親の離婚が子どもの成長に悪影響を及ぼさない条件とは?
■「空気を読む」ばかりでは自尊心は育たない?
■子どもの危機を救う一言とは?

うつ病等への治療効果が実証されている対人関係療法の第一人者であり、思春期前後の心の問題を専門にする著者は、10代に多い心の病や問題行動の奥底には、「自尊心」と「コミュニケーション力」の低さが潜んでいると言う。
本書では、自分を大切にする気持ちである「自尊心」と、心の健康を決める「コミュニケーション力」の2つを育てるために必要な知識と心がまえを、大人のどのような対応が自尊心を育て、逆にどのような態度が自尊心を損なうのかという具体例とともに、やさしく説いている。思春期の子をもつ親や教育関係者には必読の一冊。

「10代の子どもと関わる上で最も大切なことは、実は非常にシンプルだと私は思っています。今まで多くの患者さんを治療する中で実感してきたことですが、ポイントとなるのは、「自尊心」と「コミュニケーション力」です。「自尊心」というのは、自分の存在を肯定する気持ちです。心の病になる子どもも、非行や犯罪に走ってしまう子どもも、「自尊心」に問題を抱えていることがほとんどです。人間は自分の存在を肯定できて初めて前向きに生きていくことができますし、社会とも折りあっていこうと思えるものだからです。自尊心が高い子どもは、自分も他人も大切にすることができるのです。」
「はじめに」より

目次

1.思春期の意味
2.人間の性格の成り立ち
3.思春期のゆらぎと自尊心
4.自尊心を高める子育て
5.反抗期の子どもとの接し方
6.親の不安と過保護
7.感情の扱い方を学ぶ
8.不安の上手な扱い方
9.コミュニケーション力は一生の財産
10.大人のコミュニケーションから見直す
11.コミュニケーションを断たないためのコツ
12.自分の「気持ち」を話す
13.しつけのコツは「一貫性」
14.大人の「ものさし」が歪むとき
15.「子どもから学ぶ」という姿勢
16.思春期の問題行動を「医学モデル」で考える
17.思春期のうつ病
18.対人関係ストレスへの対処
19.役割が変化するとき
20.親の離婚の影響
21.思春期の拒食症
22.「母親の育て方」のせい?
23.自分がどう見られるか」にとらわれる病気
24.「自分の問題」と「他人の問題」を区別する
25.家族にしかできないこと
26.話しやすい環境づくり
27.悩みを打ち明けられたら
28.「待つ」ことと「感謝する」こと
29.いじめにどう向きあうか
30.「ひきこもり」とコミュニケーション
31.思春期の「性」
32.問題行動への対応
33.自分の限界を知る
34.それぞれの人がベストを尽くしている