シモネッタの本能三昧イタリア紀行

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

シモネッタの本能三昧イタリア紀行

  • 著者名:田丸公美子【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 講談社(2014/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062769280

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

抱腹絶倒のイタリアガイド。この本を手に、生きている充実感に満ちた頽廃と快楽の国へいざ!! 車を盗まれがっくりしていると、翌日お詫びの手紙とオペラのチケット付きで戻ってきた。「洒落た泥棒じゃないか」とオペラに出かけて帰ってみたら家は空っぽ――。スリも泥棒も、つきまとう男たちも、個性的で限りなく人間くさい国、イタリア。この国に恋して四十年の著者が贈る、爆笑エッセイ&ガイド。(講談社文庫)

目次

第1章 ローマ
第2章 ミラノ
第3章 ボローニャ
第4章 ルガーノ
第5章 ナポリ
第6章 ヴェネツィア
第7章 ヴェネト地方・ブレンタ運河
第8章 フィレンツェ
第9章 シチリア
第10章 マテーラ
第11章 ペルージャ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

247
イタリア語通訳のシモネッタさん(たしか命名者は米原万里さんだった)イタリア紀行の体裁を取った文化案内。カンターレはあまり出てこないが、アモーレとマンジャーレのお話が縦横無尽。ことに、これなくしてはシモネッタの名がすたるとばかりにアモーレ満載。日本的な基準からはぶっ飛んだお話ばかり。贅沢派のシモネッタさんらしく豪華感にも溢れている。美女は得だ。特にイタリアでは。ここで語られるエピソードの一つ一つを繋いでいくと、それで立派なイタリア文化論になっているあたりは実にうまいもの。やっぱりイタリアは楽しくなくっちゃ。2015/09/01

ドナルド@灯れ松明の火

22
ある意味塩野七生さんの「イタリアからの手紙」の真逆アプローチかも。いい所も悪い所も全て併せ飲んで、だ~い好きなイタリアを人間の欲に絡めて実話で綴るエッセイ。ニヤニヤ笑うこと請け合い。憎めない愛すべきイタリア人気質がくっきりと浮かび上がる。下ネタとともにいかにも旨そうな料理やお店の紹介も多く、猛烈にイタリアに行きたくなる本である。でもイタリア語も少しは話せるようになった方がいいし、ナポリに限らず気を引き締めた上で歩き回りたい。お薦め。2013/10/20

ナナシ

7
内容自体は、他の著作とほぼ同じ。わざわざ買わなくても良かったかな?と思ったけど、我が国が誇る歌麿こと、イタリアで美女と浮き名を流す男性が登場したのが新たな展開だった。 ほぼ同じ内容でもやはり心に残ったのは、かの彫刻家の真摯な告白。「貴女を一生守ってあげる」 著者シモネッタがマントに包まれて月光から遮られていなければ、彼と同様に狂気に照らされその申し出を受けていたのではないのだろうか?こんな言葉を伝えられたら、狂気の沙汰でもその胸に飛び込んでしまいそうである。2011/05/26

tomaton44

6
イタリア人はみんなジローラモだ!そう思わせる一冊。イタリア人の奇行・珍行を書きつつ馬鹿にはしていない。むしろ、イタリアを悪く言われるだけで不機嫌になるくらいにイタリアを愛している著者。さて、この本のタイトルの「本能三昧」が指すのはは著者なのかそれともイタリア人なのか・・・。2012/08/17

tkyk

6
話題のネタとしては最高のアケッピロゲなイタリア人。窮屈な社会にいればいるほど解放感を味わえること必至。わずらわしい世間体や偽善的道徳心に疲れた人の息抜きとしてゼヒ。2011/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3066993

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。