ハーレクイン<br> プリンスを愛した夏

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
プリンスを愛した夏

  • ISBN:9784596126054

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ロンドンでパーティ・プランナーの助手として働くメリッサは、カジミーロ国王が主催する舞踏会を手伝うために、地中海の島国、ザフィリンソスへ赴いた。彼女には心に、ある決意を秘めていた。機会をうかがって国王に直訴するのだ――私の一歳になる息子ベンはあなたの子供です、と。願いが通じて謁見がかなったものの、カジミーロはメリッサのことをまったく覚えていなかった。本当に、あの熱く親密な日々を忘れてしまったというの?動揺した彼女の耳に聞こえたのは、血も涙もない彼の罵倒だけだった。■華やかな王族のロマンスを得意とする作家、シャロン・ケンドリックの最新作をお届けします! なお、本作は『プリンスを愛した過ち』の関連作品です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mari

0
★★★2012/01/14

MOMO

0
まぁ、これでもかというほど、メリッサちゃんを侮辱し続けてくれたカジミーロ君でした。確かにラストのあの言動は、それまでの彼に比べれば、感動的といっていいほどの変わりようですが、あれほどあっさり許しちゃうなんて、何考えてンの?メリッサちゃん!たとえ、愛があろうが、なかろうが、あんな俺様傲慢兄ちゃんは、もう少し時間をかけて反省させないとだめよ!2011/06/17

みろん

0
2年前にヒーローとの情事で身篭ったシングルマザーと、1年前の落馬事故でヒロインのこと(だけ)をキレイさっぱり記憶喪失したザフィリンソス王国国王とのロマンス。 普通に考えたら歯がゆい展開なんだろうけど、地に足がついた考えのヒロインなんで、読んでて苛々しないのがグッド。2011/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3061755

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。