ぼくら!花中探偵クラブ 3 - 呪い村神隠し事件の謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,188
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ぼくら!花中探偵クラブ 3 - 呪い村神隠し事件の謎

  • 著者名:田島みるく
  • 価格 ¥950(本体¥880)
  • PHP研究所(2013/03発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

探偵小説オタクの神保雷太は、花園学園中学の2年生で、花中探偵クラブの部長。「動機のない犯罪はない」をモットーに、愉快で優秀な部員たちと力を合わせて、これまで数々の難事件を解決してきた。さて今回の依頼は、顧問の松坂先生が持ち込んできた。松坂先生の知人のふるさと、その名も「野呂井村」に伝わる「嫁取り」という儀式で、過去に花嫁役の女性が神隠しにあうという事件がおきたが、近々行なわれるその儀式で、「神隠し」がおこりそうだというのだ。早速雷太は、科学的な検証が得意な橋本健介と、ユニークな推理をする小林恵美香とともに、松坂先生の車で野呂井村に出発!一見のどかそうな印象の村だったが、探偵クラブが到着するやいなや、白髪の老婆が車に向かって「謎をあばいちゃ、なんねい」と言って去っていった。儀式の関係者に聞き取りをすると、「嫁取り」の儀式に参加する3人の男性はすごいイケメンぞろい。そして、神隠しが起こった!