扶桑社新書<br> 中国のマスゴミ - ジャーナリズムの挫折と目覚め

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

扶桑社新書
中国のマスゴミ - ジャーナリズムの挫折と目覚め

  • 著者名:福島香織
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 扶桑社(2011/03発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594063665
  • NDC分類:070.222

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

自由な報道が許されない中国では、記者たちのワイロ要求や捏造記事は当たり前。一方でネットを武器に、真のジャーナリズムを模索する者も。元北京支局記者による最新報告。

目次

第1章 中国のマスゴミ
第2章 マスコミ腐敗・記者モラル崩壊の背景
第3章 中国ジャーナリズムと外国人記者
第4章 巧みにしなやかに抵抗せよ
第5章 インターネットでジャーナリズムの夜明けは来るか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ののまる

5
タイトルは著者のあとがきにあるように、本意ではなく出版社からの要望的なもの。中身は、言論統制・弾圧の厳しい中国で、ほとんど日雇い労働でそれでも身体と命を張って、真実を報道をしようとする中国人記者の苦悩と挫折と意地。それによって外国メディアが気づいてくれて報道してくれたらいい、著作権など関係なくとにかく真実が拡散してくれたらいい、という切迫した現場の実態。2014/10/11

ティス@考える豚

4
良著。ヘイト本は嫌いだが食わず嫌いも良くないと思い手にとる。タイトルに反してヘイト本ではなかった。中国は検閲によってメディアも規制されている。また記者の在り方による問題で誤報が茶飯事で正確性も低い。しかし、全てのマスコミが腐敗しているかと問われるとそうではない。SARS報道を巡る奮闘、あえてわかりずらくすることで検閲を逃れ真実を読者に伝えようとする試み、ネット技術と共に多様化する抵抗手段。中国人にもすごい奴らはいるんだな…。…しかしリアル一九八四なんだな中国は…。2016/03/30

ごみむし

1
タイトルだけを見て逃げる人、叩く人も多そうだが、非常にもったいない。2011年初頭の本。習近平以前であり、ネット環境も今と比べて大きく異なるが、現在でも通用する本と言えるのではないか。中国の記者の低レベルさ、その原因といえる中国政府の政策。そしてその劣悪な環境下で頑張る中国の記者へのエール。中国のマスメディアの成り立ち等を調べてたので思ってたのと違うが、中国内の報道の成り立ち、現状を知る上で非常に貴重な本の一つだ。2019/11/03

ナナ

1
タイトルはすごいですが実は「こんなひどい環境でも中国のジャーナリストたちは頑張っているよ」という内容です。 時に大げさでなく本当に「命を賭けて」報道する中国のジャーナリストたち。それを思うと日本はどうなんだろう、と考えましたがまさにそれが筆者福島香織さんの意図するところだったようです。 日本も中国も、詰まるところ読者が喜ぶものを作っていくという部分は耳が痛いですね。2013/03/31

toshokan-no-hito

1
自由とは相対的概念なんだなと思う。不自由のない世界には自由という概念は存在しえない。牢獄があって初めて自由が意識される。中国は列強に侵略されて初めて民族主義を以て立ったのではなかったか。現在の西藏や維吾爾民族主義への弾圧は満洲国が掲げた五族共和と何処が違うのか。権力の弾圧と圧力の下で取材を続ける中国の記者に贈られる賛辞は、著者にジャーナリストとしての矜持と誇りがあるからこそ。そして矜持と誇りがあるからこその挫折なのであろう。中国エイズ村での挫折を記した章に深い感動を覚える。必読。2011/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2396220

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。