数学ガール<br> 数学ガール/乱択アルゴリズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,090
  • Kinoppy
  • Reader

数学ガール
数学ガール/乱択アルゴリズム

  • 著者名:結城浩【著】
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • SBクリエイティブ(2014/03発売)
  • ポイント 19pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797361001

ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

確率とコンピュータの深くて不思議な関係とは? 「僕」と四人の少女が、乱択アルゴリズムの世界に挑む魅惑の数学物語。

累計10万部を突破し、数学書としては異例のベストセラーとなった「数学ガール」シリーズの第四弾です。
今回のテーマは、乱択アルゴリズムです。私たちは、乱数や確率を用いることで、未来への確定的な予測を行ったり、
複雑な解析をシンプルにすることができます。
本書では、こうしたランダムの力が生み出す世界を、純粋数学的な側面とプログラム的な側面の両方から解説し、
乱択アルゴリズムの理解を目指します。
コンピュータの得意な新入生リサが登場し、彼らの淡い恋に新たな進展も見られます。
シリーズの読者はもちろん、数学に関心のある読者に最良の一冊です。

目次

第1章 絶対に負けないギャンブル
第2章 愚直な一歩の積み重ね
第3章 171億7986万9184の孤独
第4章 確からしさの不確かさ
第5章 期待値
第6章 とらえがたい未来
第7章 行列
第8章 ひとりぼっちのランダムウォーク
第9章 強く、正しく、美しく
第10章 乱択アルゴリズム

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

55
5巻と較べてこの4巻の内容は分かりやすい。「数学ガール」は秘密ノートシリーズに移行済でこの大判シリーズはもう続刊出ないのだろうか?2017/03/19

takaC

44
そばにいる意味。2014/01/01

太田青磁

21
コンピュータと対話するリサが加わる数学ガールの第4弾・10!=3,628,800・二項定理は展開の公式の一般化・確率の公理によって定めた公理的確率、場合の数によって定めた古典的確率、発生頻度によって定めた統計的確率・確率変数の値と確率を掛け、総和をとったのが期待値・サイコロのすべての目が出るまでの期待値は6H6=14.7・木って、構造を持ったものを整理するのに便利・線形変換で原点は動かない・放浪問題はランダムウォークの一種・乱択クイックソートはどんな入力に対しても実行ステップの期待値はnlognのオーダー2013/12/29

オザマチ

16
再読。アルゴリズムの動作を一歩一歩確認しながら解説してくれるので、初学者にとっては巷の教科書より分かりやすいはず。2020/06/09

sosking

14
個人的には、アルゴリズムの処理速度の削減について良く理解することができた。VBAなどのプログラムを作成する機会があれば、参考にしたいと思った。2020/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2464016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。