小学館101新書<br> 高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人(小学館101新書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

小学館101新書
高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人(小学館101新書)

  • 著者名:勝間和代【著】
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • 小学館(2015/06発売)
  • 晩秋のウィークエンド Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン(~11/19)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

頭のいい人たちの「秘密」をまとめた本!

「日本は、新卒一括採用と終身雇用という仕組みで、実務界ではアカデミック・エリートがみなしエリートのように振る舞う傾向がありますが、それが日本の競争力停滞の大きな原因のひとつだと私は思っています。リスクを取らないアカデミック・エリートがリードする政府や企業が、実力を発揮するはずがありません。学歴に関係なく、みんなが実力を発揮できる社会になれば、ストリート・スマート力を持っていないアカデミック・スマートだけの人は淘汰されていくと思います」(本文より)。
本書で勝間和代は、「本当に頭がいい人」を、ストリート・スマートと表現する。「ベルトコンベヤー」が壊れてしまった日本で、銘柄大学を卒業した「成績のよい」社員(アカデミック・スマート)が閉塞状況を打ち破れないのははぜか。逆に、ソフトバンク社長孫正義を代表とする”目標に向かって自分で道をみつけていける人たち”はどんなふうに考え、目標を実現しているのか。ストリート・スマート力は、訓練で身につくもの、と考える勝間が、ストリート・スマートな人たちの秘密を4つに分け、ひとつずつ丁寧に考えていく力作。

目次

序章 頭がいい生き方のすすめ(ストリート・スマート;マッキンゼーの入社試験で見られていることは ほか)
1章 頭がいい人の7つの習慣(ものを概念化する癖がある;切れ味のいい「オッカムのカミソリ」を持っている ほか)
2章 頭がいい人の7つのスキル(決して情報を鵜呑みにしない;例外処理が得意 ほか)
3章 新しい考え方をもたらす7つの視点(知的な継続した興味;クリティカル・シンキング ほか)
4章 頭をよくする7つの方法(知識・教養を楽しみながら習得し続ける;「概念のボキャブラリー」を増やす ほか)