マンガでオペラ 〈3〉 蝶々夫人 小林可多入

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy

マンガでオペラ 〈3〉 蝶々夫人 小林可多入

  • ISBN:9784636861778
  • NDC分類:766.1

ファイル: /

内容説明

明治時代の長崎。士族の娘、蝶々さんは、周囲の反対を押し切って駐在アメリカ軍人と結婚する。愛を信じ、すべてを捧げると誓った蝶々さん。しかし夫にとって、それは束の間の愛に過ぎず……。日本の実話をもとに書かれたという世界的オペラ、プッチーニの『椿姫』を完全マンガ化。中野京子による解説つき。

目次

第一幕
第二幕 第一場
第二幕 第二場
『蝶々夫人』について
作品を楽しむキーワード
『蝶々夫人』をめぐる人物

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸桜

8
マンガでオペラシリーズが思いの外読みやすく、ストーリーが簡単に学べるので、勉強がてら少しずつ読んでいくことにしました。蝶々夫人はオペラには珍しい日本を舞台としたお話だったこともあり、他の作品より少し入り込めたような気がします。男(外人)の方はそこまで本気ではなかった結婚だったけど、女(日本人)の方はそれを知らずに結婚して、男が外国へ行ってしまってもずっと待ち続けた女の気持ちを考えると辛くなります。女の真っ直ぐに愛し続けている姿は可哀想だったけど、最後に男の気持ちを知って自害するところは格好良かったです。2016/07/14

Mina*

0
ひたすらアメリカ人夫を信じ、愛し続ける蝶々。その健気さが心を締め付ける。高貴な日本人、低俗なアメリカ人という偏見があるような気もするが。2017/01/27

ひとひら

0
★★★ピンカートン…ヒドイ男!!2012/12/30

井々塚 蝶@真夜

0
相変わらず上手にまとめてあります。2012/08/14

shellgai

0
オペラはまだ行ったことがないので、予習。2011/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2125944

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。