ハーレクイン<br> キスは復讐の味

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
キスは復讐の味

  • ISBN:9784596125781

ファイル: /

内容説明

サディーは五年前に別れた元婚約者のニコスに面会を求めた。両家は昔からビジネス上のライバルで仲も悪かったのだが、二人の結婚をきっかけに和解の方向へ進むはずだった。ところが式の直前から会社の潰し合いが始まり、サディーの父が死去。競争に敗れた今は、住んでいる屋敷もニコスから退去勧告されている。サディーは心を病んだ母と幼い弟のため、恥を忍んでニコスに格安の賃貸料で屋敷を貸してほしいと懇願した。最初は冷たく拒絶したニコスだったが、突然ある条件を提示した。ウエディングプランナーであるサディーが、彼の結婚式のプランニングを担当するなら屋敷を貸してもいい、と。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

9
相手の持つものを奪い合うふたつの家族。その関係が想像したより入り組んでいて終盤まで謎が残った。お話はヒーローとヒロインだけの閉鎖された空間でのやりとりで終始し、圧迫感で息苦しい。ロマンス小説にありがちな復讐の連鎖、誤解の積み重ね、それでもなおお互いを求めて止まない恋心。ヒーローが復讐めいた行動をとる割にヒロインに冷たくしきれない”優しさ”がこの作家さんらしい持ち味。ヒロインがヒーローにお願いをする立場なのに高飛車な物言いに苦笑。彼の為に涙をのんで諦めた恋心が彼女に虚勢を張らせているのはよく分かったけれど。2015/02/18

MOMO

2
あのー、サディーちゃん、懇願の意味って知ってます?助けを求めるとか、お願いするとかいうときに、喧嘩腰なうえにヒステリックにわめきたてまくった挙句に、必死の努力をしたって言われてもねぇ・・だいいち、仕事がうまくいってないなら、ウエイトレスでも何でもして、なりふりかまわず働けよ!家族のために恥じをしのんでお願いするつもりなら、プライド捨てて、頭地べたに擦り付けてでも、頼みなさいよ!あの家を必要と知する実情を話さずに、見得はって「それぐらいいいでしょ」みたいないいかたで通用すると思うなんて、おバカもいいとこよ!2011/03/12

みろん

2
ヒーローに復讐されて破産間近となっている女性と、5年前にヒロイン父から破滅させられそうになった元恋人とのロマンスです。 面白いんだろうけど、憎々しげに感情をぶつけあうロマンスは私的にはちょっと苦手…。2011/02/19

くまた

1
解ったような解らないような。気にしていたパパラッチにリークした件も急にどうでもよくなり、色々なエピソードの真意も説明されずに終わった気がする。彼の電話の発言の真意が特に気になったけど説明はなかったような…。復讐に取りつかれた父親に失望して母親が浮気したと言ってた気がするが結局母親の浮気が発端。主人公の思い違いって事?衣食住の面倒を全て見ている妻に裏切られた上、浮気でできた子供迄養う羽目になり、娘は自分に批判的。お父さんが気の毒すぎる。2015/05/03

たまきら

1
長年いがみ合う家通しの対立に巻き込まれた男女のはなし。結構謎解きの部分も楽しめます。2014/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2104334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。