双葉文庫<br> それでも、警官は微笑う

個数:1
紙書籍版価格
¥859
  • 電子書籍
  • Reader

双葉文庫
それでも、警官は微笑う

  • 著者名:日明恩【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 双葉社(2013/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575514063

ファイル: /

内容説明

無口で無骨な刑事・武本と、名家出身でおしゃべりな年下の上司・潮崎。ミスマッチコンビが内外の敵を向こうに回し、密造拳銃の密売ルートの解明に挑む! 警察小説に新風を吹きこんだ第25回メフィスト賞受賞作、待望の新装文庫化。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei@名古屋

34
意外に、ハードボイルド。警察もの好きにはそそるものではあるのですが、清水氏の桶川ストーカー殺人事件(ノンフィクション)を読んだ、後だけにやるせない。すごくやるせない。別にストーカーが出てくる作品ではないのですけどね。余談ですが、潮崎のミステリー好きは、この読書メーターのユーザーさんには親近感を感じる人もいるのでしょう。続編を追っていこう2014/07/14

ゆめ

33
日明さん 初読み。警察小説。 武本刑事と潮崎刑事のコンビはなかなかだったが 内容にあまりはまらず 長さが気になりだし 最後は次作のための終わらせ方で イマイチすっきり感が味わえなかった。2016/06/27

mayumi

28
無口で無骨な刑事・武本と、名家出身の年下の上司・潮崎のコンビ。密造拳銃のルートを追っていた二人はマトリの宮田と知り合い、5年前に起きた拳銃自殺に辿り着く…というストーリー。とにかく登場人物のキャラが立っている。武本の融通のきかない実直さもいいし、潮崎の刑事物マニアも面白い(七曲署とかリンカーン・ライムとか鮫島刑事とか出てきて笑ってしまう)。まあ犯人の計画が壮大すぎて、それは無理でしょとは思うんだけどね…。全体的には面白かった。続編も読みます。2022/11/06

roomy

26
初、日明恩(たちもり めぐみ)作品。主役のキャラに惚れたらはまる作品ですね。潮崎、これから予定通りに頑張ってくれるのでしょうか。武本はまっすぐで痛いくらいだった。続編も読みたいな。2013/07/17

米太郎

21
・分厚くて展開もゆっくりだが、ちぐはぐなナイスコンビな2人がどんどん好きになっていく。私は潮崎派。 事件の結果にはちょっと不完全燃焼。2023/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1962844
  • ご注意事項