彼岸島 兄貴編

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島 兄貴編

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063649871

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

最強の外伝 ついに解禁!! 吸血鬼に最も恐れられ、非情な運命に翻弄された伝説の戦士・宮本篤(みやもとあつし)が復活! 吸血鬼によって最愛の女性を亡くし、雅(みやび)に復讐するためだけに生きた男が越えてきた死線には、幾多の悲しみと絶望があった……! 本編では語られることがなかった秘蔵のエピソードを収めた『彼岸島』初の外伝コミックス!! 松本光司の幻の処女作『彼女は笑う』も特別収録!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十六夜(いざよい)

11
兄貴側からの視点で書かれた彼岸島。後に斧神になった村田が出てきたり、婚約者を手にかけた日など、兄貴に纏わるエピソードを集めた作品。兄貴は好きなキャラクターだったので楽しめた。欲を言えばアキラに関するエピソードも入れて欲しかったな。後半になぜデビュー作が?と思ったが、なかなか物悲しい深い作品だった。2014/02/26

読み人知らず

9
面白いです。相変わらずの彼岸島の面もあるし、読み切りも面白かった2016/12/30

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

7
兄貴の姿は本編でも充分見たので、斧神の人間時代の姿をしみじみと見たりして…デビュー作からちょいエロ方向はあったんだなぁ、でも、伝奇サスペンス方向に行って大正解だったなぁと感じる一冊。情念の深さはデビュー作の勝ち。2011/01/14

橘曙似

6
村田さん、髪型のせいで女装したゴツイおっさんのように思えて妙に気になる。あの横の髪はどうにかならんかったのでしょうか…。デビュー作、犯人の意図などよくわからないままですが、密室の中で追い込まれていく空気など息苦しい濃密さでいい。2011/03/04

minione

5
[未]★★★☆☆ #book 兄貴の過去を垣間見ることができる。ただ話が薄いので、サクッと読めてしまう反面、残らない。2011/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1750036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。