ハーレクイン<br> 恋という名の罰

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
恋という名の罰

  • ISBN:9784596125590

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

アリシアは車の中から、抱き合う男女を見つめていた。ここは贅沢な避暑地として名高いイタリアのコモ湖のほとり。彼女は世界的な大富豪ダンテを追いかけてやってきた。ダンテに捨てられたらしい妹は、事故にあって今も意識不明だ。絶対にあの男には責任を取ってもらわなくては。その思いが、アリシアを大胆な行動に走らせた。記者とカメラマンを連れ、ダンテの屋敷に押しかけたのだ。しかし、ダンテはアリシアの予想を超える男性だった。いきなり彼女を引き寄せたかと思うと唇を奪い、カメラのフラッシュが光る前で、新しい恋人だと発表して……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

4
「妹を妊娠させたわね!」と怒鳴り込んできた女子と、彼女とその妹を金をたかる寄生虫だと決めつけるこまった男子のかなり道に迷いがちな恋愛のおはなしです。最後に男子が思いっきりひれ伏すので少しスッキリします。ざま~みろ。2015/07/01

こえん

1
身重の体で事故に遭った妹を気遣う看護師ヒロインと、ヒロインに妹の恋人だと思われた元ナポリの路上育ち大富豪のヒーロー。はじめの方こそヒロインが暴走気味だけど、相手に悪いことをしたと自覚して、ちゃんと謝れなかったと反省できるヒロインだったので安心できた。ヒーローの経験に基づく、根深い猜疑心を見せつけられ続けると、彼女の誤解は全然気にならなくなったし。H/Hともに親に捨てられて育ち、他人に利用された経験を持つだけに幸せになれて良かった。さんざんおバカだと思ったヒーローだけど、ラストの選択はナイスで可笑しかった。2011/02/05

0
★★★☆☆はじめは少ない情報から勝手に勘違いしたヒロインの迷惑な話だったが、その後は正統な判断ができる女性の話になった。その分ヒーローが過去のトラウマを引きずってグダクダ。それでも終わり良ければ。話のきっかけになるヒーロー弟とヒロイン妹のカップルが少ない登場ながらよい感じ。2012/08/29

Mari

0
★★☆2011/12/03

MOMO

0
ちっとも楽しめなかったのよ、今回も・・・独善的な正義を振りかざし、中途半端な情報を鵜呑みにし、勝手な宛て推量で相手の人格を決め付ける嬢さんに共感なんてできるかい!! だって、この女、妹のために巨額の治療費出してもらってるのに、感謝の言葉もないうえに、文句ばっかりたれてるのよぉ!それも被害者面して!そんなアリシアちゃんがすばらしく優しく、心暖かいなんて言われても、知らないわ!2011/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1344144

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。