角川文庫<br> コンダクター

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
コンダクター

  • ISBN:9784043887088

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

毎夜の悪夢、首なしの白骨、壊れ始める友情、怪事件を狂信的に追う刑事。音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない複数の出来事が絡み合い崩壊の道をたどる姿をスリリングに描く驚異の劇場型サスペンス!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

92
幸せ絶頂の玉木の婚約者は結城の元恋人秋穂。頭のない白骨死体が発見され捜査する石倉警部に好感持てず。プロデューサー相葉により奈緒美、玉木、秋穂らのオーケストラの指揮を結城がすることに。玉木は元恋人同士が気になり秋穂を信じ切れず器の小ささを露呈。ライター野島の口車に乗せられる。一方、奈緒美は心理カウンセラー松崎と悪夢の原因である失われた記憶を探る。皆が抱えてる秘密とは?5年前に起きた事件が繋がった時、制裁が下ったことに同情なし。でも切なさは拭えない。しかも最初からあの人に指揮されてたのね。なるほどなタイトル。2019/10/06

itico

56
これはもう、何が何だか分からないうちに深みにはまって行くような感覚の内容だ。オーケストラのコンダクターが主要人物のひとりではあるが、そのコンダクターの音大時代の友人たちや刑事、謎の男たち全てが怪しげなのである。最終局面は凄惨な事件に発展するが、それよりもエピローグで明かされる真実に、え~!?とか、あぁ~??とか口あんぐりなのである。コンダクターとは指揮者を指すのが一般的だが、今回は導く人、あるいは操る人と訳した方がしっくりくる。 2018/08/15

チアモン

52
このカバーの感じからして怖い。神永氏の作品は好きでたくさん読んでいるが、これまた色々怖い描写も多くあり夜、寝る前に読むと寝付きが悪くなるけれどはまっちゃうんだよなぁ。人間の嫉妬は恐ろしい。ラストはちょっと意外でした。神永氏の作品はこれからも追っていきたい。2020/02/23

GaGa

45
読み進めていくうちにだいたいの仕掛けはよめてしまうのだが、それでも面白かった。視点配分が絶妙で、飽きさせずにぐいぐいと引っ張っていくのは立派。シリーズ化出来そうな気もするが、それを望むには仕掛け多様なスタイルなので酷な話か。「コンダクター」はこれ以上ないタイトル。2011/08/04

かいちゃん

42
4日目くらいからは、ジェットコースターなみの展開に。予想がどんどんくつがえされた。初めて読む作家さんでしたが、なかなか秀逸でした。2019/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/596485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。