ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

  • 著者名:金田一秀穂【著】
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • マガジンハウス(2015/05発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784838720705

ファイル: /

内容説明

金田一先生の痛快日本語講座、ただいま開校!雑誌「ダカーポ」で連載された、痛快日本語コラム全104本!
なぜ、ゴミはカタカナで書かれるのか?なぜ、オリンピックを「五輪」と書くのか?なぜ、ウサギは匹ではなく羽で数えられるのか?それは、日本語がとってもジコチューな言葉だから。まだまだ続く、摩訶不思議な日本語の謎!

目次

いいかげんなコトバ
いろんなコトバ
耳できくことば
目で見ることば
おしゃべりなコトバ
ややこしいコトバ
まんなかのコトバ
分けることば
数のことば
たとえることば
コンテクストのことば
子どものコトバ
考えるコトバ
神様のことば
20万年のことば

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジョニーウォーカー

17
被害者は「女性」なのに、加害者は「女」になる。生きたイカは「匹」なのに、死んだイカは「杯」になる。ぬいぐるみのクマは「いる」なのに、クマのぬいぐるみは「ある」となる。普段、私たちは驚くほど細かくコトバというものを使い分けている。祖父は金田一京助、父は金田一晴彦というサラブレッドであり、自らも言語学者として大学で教鞭をとる著者が、コトバに関するあれこれを綴ったエッセイ集。扱う題材は面白いはずなのに、なぜか読んでいて退屈に感じた。日本語力と文章力は必ずしもイコールではないのかもしれない。2010/05/07

Roko

9
この本のサブタイトルとなっている「先生」と「教師」はどう違うのか?そんなこと考えたことありませんでした。その答えは「先生は立場、教師は職業」なのだそうです。なるほど、履歴書に「教師」をしていましたと書くことはあっても、「先生」をしていましたとは書きませんものね。これは大きな違いですね。 生きている人は「一人」、死んだら「一体」になります。タコは一杯、蝶は一頭、鳥は一羽、ウサギも一羽、こういうルールの由来を調べるのもまた楽しですね。2020/07/13

Humbaba

9
数学であれば、2つと3つは足せることが前提となって話が進むことが多い。しかし、現実世界においては同じ属性、例えばみかんだったとしても、必ずしも加算が成立する訳ではない。一つのグループに分けられたとしてもその中には様々な特性が存在するために足し合わせられないことのほうが多い。2015/07/28

おさと

7
いやはや、学者さんの目の付け所が面白すぎる!!!そうか、そこを疑問に思うんだ。でも確かに不思議だなそれはっ!日本語っておもしろい。2019/05/23

shizuca

6
日本語って不思議。たしかに、ニュアンスやその場面によって使う単語使い分けてます。人が生きてたら1「人」、死ぬと1「体」とか、普段何気なく使っているけどいざ説明を求められたらうまく説明できないことばかり。言葉って楽しい。言葉がなぜ成立したのか、どうやってできていったのか、追及していくと面白そう。2017/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/328672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。