ねこ耳少女の 相対性理論と超ひも理論

個数:1
紙書籍版価格 ¥514
  • Kinoppy
  • Reader

ねこ耳少女の 相対性理論と超ひも理論


ファイル: /

内容説明

一般相対論と量子論の相性は悪い。しかし、現在の宇宙は膨張していて、137億年前には素粒子ほどの大きさだったと考えられている。だとすると、宇宙の重力を扱うアインシュタイン方程式と、素粒子ほどの大きさの宇宙を扱うシュレディンガー方程式(やディラック方程式)が矛盾しては困るのだ。そこで登場したのが、「超ひも理論」である。
「勇希くんと私が見たり感じたりしている世界って、きっと少し違うんだよね」――本書は、謎のねこ耳少女・あいりと、煩悩少年・勇希のコミカルで切ない恋物語を漫画で楽しみながら、「相対性理論」と「超ひも理論」の基本がしっかり学べてしまう、一石二鳥の最新科学啓蒙書。

目次

第1章 重たい話と速い話
第2章 どっちの相対性理論?
第3章 相対性理論のツボ
第4章 ヘコむ世界
第5章 ブラックホールの向こう側
第6章 超ひも理論は仲介役
第7章 超ひもの世界は11次元
第8章 どこから来たの?
エピローグ あの子のおまじない