PHP新書<br> 筋を通せば道は開ける - フランクリンに学ぶ人生の習慣

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
筋を通せば道は開ける - フランクリンに学ぶ人生の習慣

  • 著者名:斎藤孝
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • PHP研究所(2010/03発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

筋を通し、合理的に生きる人は強い。目先の利益に囚われず、易きに流れることもなく、大所高所から最も全体の利益が大きい選択を行う。この習慣の積み重ねが、周りの人からの確かな信頼、仕事における確かな成果、そして悔いのない人生をもたらす。そんな生き方を体現したのが、「アメリカ資本主義の育ての親」であり、実業家、政治家、科学者のフランクリンだ。印刷業者から身を起こした彼は100ドル紙幣にも描かれる偉人となり、M.ウェーバーの資本主義理論やD.カーネギーの人間関係術も影響を与えている。成功哲学の原点といえる存在だ。しかし彼の習慣は、誰でも実践できるシンプルなものである。「手帳を活用して『徳』を無理なく身につける」「相手を論破せず主張を通す」、「企画を立てる際はまず全体像を見通す」…。今こそ、本物の成功習慣を実践せよ!

目次

序章 成功哲学の原点はフランクリンにあり(稀代の大偉人による「成功哲学」 利益と倫理は矛盾しない ほん)<br/>第1章 「徳」を手帳で身につける(徳はビジネスの“基本フォーム”だ 「徳」の一番目が「節制」である理由 ほか)<br/>第2章 確実な成果を得る成功習慣(船乗りを目指していた彼が、印刷工に興味を持った理由 人生の“ベースキャンプ”としての印刷業 ほか)<br/>第3章 確実な信頼を得る人間関係術(上司に「見込みのあるヤツ」と思わせる工夫をせよ 自分の主人よりも頼りにされる ほか)<br/>第4章 筋を通して、強く生きる(フランクリンの大きな強み―“地続き感” アメリカのあるべき姿を起草 ほか)