新潮新書<br> あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで - フォークからJポップまで

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
あの素晴しい曲をもう一度―フォークからJポップまで - フォークからJポップまで

  • 著者名:富沢一誠
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 新潮社(2011/12発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

誰もが口ずさむ名曲には、意外なドラマや秘話が詰まっている。最初は三〇〇枚しかプレスされなかった「帰って来たヨッパライ」、原題は「王手」だった「関白宣言」。軟弱者扱いされた井上陽水、奇異で異質な存在だったユーミン――。フォークからJポップまで、現場で見つめ続けてきた筆者が綴る五十年史。読むだけでメロディーが浮かぶ「名曲ガイド50」付き。

目次

一九六〇年代―フォークが日本を揺さぶった(最先端だったフォーク;加山雄三の革命 ほか)
一九七〇年代―ニューミュージック黄金時代(第三回全日本フォークジャンボリー;スターの交代 ほか)
一九八〇年代―歌謡曲の逆転勝ちとビートの浮上(シングル・ヒットの連発;CMソングの時代 ほか)
一九九〇年代―メガヒット方程式の確立(愛は勝つ;ミリオンセラーとCD ほか)
二〇〇〇年代―音楽界の迷走と新たな「名曲」(「TSUNAMI」の大ヒット;宇多田か浜崎か ほか)