講談社+α文庫<br> 幕末の志士を支えた「五人」の女 坂本龍馬の「おりょう」から近藤勇の「おつね」まで

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

講談社+α文庫
幕末の志士を支えた「五人」の女 坂本龍馬の「おりょう」から近藤勇の「おつね」まで

  • 著者名:由良弥生【著】
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • 講談社(2014/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062813297

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

幕末日本のキーパーソン、坂本龍馬、武市半平太、桂小五郎、高杉晋作、近藤勇の妻らの生きざまを描いた半生記。江戸末期のキーワードとして知られる薩長連合、尊王攘夷、新撰組など、一時代を築いた、そして、国を動かした志士たちの偽らざる私生活の実態が見える!彼らを愛し、愛された五人の女性にスポットライトをあてた、教科書やドラマでは決して知り得ない、激動の時代を彩った女たちの心根、そして愛を綴った感動秘話!

目次

第1章 黒船とともに訪れた幕末
第2章 新撰組と薩長連合
第3章 おりょう―坂本龍馬を愛した女
第4章 富子―武市半平太を愛した女
第5章 幾松―桂小五郎を愛した女
第6章 おうの―高杉晋作を愛した女
第7章 おつね―近藤勇を愛した女