文春文庫<br> 復讐するは我にあり

個数:1
紙書籍版価格
¥979
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
復讐するは我にあり

  • 著者名:佐木隆三
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2011/12発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167215170
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

昭和38年、高度成長に沸く日本国中が震撼した連続殺人事件。言葉巧みに人を騙し、殺し、日本列島を縦断しながら犯罪を重ねる男に対し、警察は史上初の全国一斉捜査を開始した。関係した女、目撃情報は多数あり、立ち回り先の遺留品や人をおちょくったハガキ……証拠の山を残しつつ、空前の捜査網をかいくぐり続けられたわけは? 78日間に及ぶ逃亡、10歳の少女が正体を見破るという予想外の逮捕劇、そして死刑執行まで、実話を元に克明に描く傑作長篇。直木賞受賞作。

目次










濘〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

102
5人を殺害した西口彰事件を題材にして、緒方拳主演で今村昌平が映画化した原作をようやく読んだ。映画が1976年のころらしいので、読もうと 思ってから随分たったことになる。本書を読んでいると、松本清張の作品を読んでいるようで変に落ち着くが、逆に読んでいてわくわくするような緊張感はない。 2010/06/06

honyomuhito

77
宮部みゆきの「理由」はオマージュなのだろうかと思うほど事件の関係者の証言を積み上げて話を展開させる手法、犯人確保のされかたが似ている。その後の作家たちに新たな手段をもたらした分岐点的な作品なのかもしれない。平成も終わろうとする今読むと、時代の移り変わりと人間の変わらなさを感じる。犯人の色欲、金銭欲、支配欲の強さにドン引きしつつ、こういう全方向に意欲の強い人間が間違った方に向くと、とんでもない事件起こすのかと恐れ慄く読書だった。https://chirakattahondana.com/復讐するは我にあり/2018/11/03

Vakira

54
なんともカッコイイ題名。クールな復讐劇を想像してしまう。モデル実話あり。誰が誰に復讐するのか?刑事あるいは被害者が犯人へ?しかし本来の意味は新訳聖書(ローマ人への手紙 第12章19節)にある言葉「愛する者よ、自ら復讐するな、ただ神の怒に任せまつれ。録して『主いひ給ふ、復讐するは我にあり、我これに報いん』」から来ている。よって報復を与えるのは神である。では神は誰に復讐するのか?そもそも実話の小説化に神が登場するのか?佐木さん上手い。この題名の所為でもしや?刑事ではなく犯人こそが神の分身かと思わせる。2021/08/22

GaGa

52
再読。これは映画が最初だった。が、映画の後小説を読み感銘を受けた。これはノンフィクションノベルで主人公は創作名となっているが、詐欺と殺人を繰り返した西口彰という男がベースである。昨今ではこのような犯罪を男ではなく女が行っていることが印象深い。ノンフィクションノベルとしては、カポーティの「冷血」を何倍も上回る作品なので、是非とも多くの方に読んでもらいたい。2012/12/06

らむり

50
連続殺人・西口事件をモデルにした、ノンフィクションのような小説です。芸人の陣内が西口役で再現Vやってるのをテレビで見て読んでみました(笑2014/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/500489
  • ご注意事項