文春文庫<br> 澪つくし

個数:1
紙書籍版価格 ¥639
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
澪つくし

  • 著者名:明野照葉
  • 価格 ¥631(本体¥574)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13),文藝春秋怪談&ホラー小説ポイント増量
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167675028
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

憧れの鎌倉暮らしを始めた夫婦。奇妙な気配を感じるその場所は、元々あの世とこの世が交差する辻。生ぬるく湿った風はあの世から吹く辻風だった…(「つむじ風」)。ト占(ぼくせん)や祭祀を生業とする民族の血を受け継いだ女性。人の気を枯らし、死に至らせるという宿命を背負った女の哀しみ…(「雨女」)。いにしえよりその土地に伝わる言い伝え。その禁忌を破ったとき、平穏な日常が恐怖の異世界へと豹変する──。読めば読むほどじんわり恐ろしい、傑作ホラー8篇!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

モルク

81
ホラー短編集。ホラーというほど怖くはないのだが、地方の因習や閉塞感に息がつまりそうになる。あの世とこの世の境界、暗くじめじめした世界が押し寄せる。「彼岸橋」「雨女」がよかった。表題作「澪つくし」は「雨女」の7年後の話。これが宿命なのか。子どもながらそれを受け入れて生きざるを得ないということを悟る姿にやるせない悲しみを感じた。2019/06/16

アッシュ姉

72
いや、驚いた。既読の明野作品は軽く読めて面白いけど、正直読み応えはなかった。しばらくいいかなと思っていたところ、高橋克彦さんの帯に惹かれて手にして大正解。これまでの印象とはまったく異なる流し読みできない語り口に引き込まれてじっくり堪能。意図せずして、あの世とこの世が交差する闇路へ触れてしまった人びと。怪しげで不穏な気配にぞわりとし、行く末にやるせない哀しみをおぼえる。ホラーというより怪談といった方がしっくりくる雰囲気だが、本当に恐ろしいのは人が隠し持つ心の闇だ。続く➡2017/10/30

チアモン

56
初読み作家さん。ホラー短編集。表紙から怖い雰囲気が分かって読んでみたけれど・・・やっぱり怖かった。独特の世界観がこれまた怖い。他の作品も読んでみたいけれど、他の作品もみんなこういう感じであれば・・・やっぱりやめようかな。2019/02/19

Take@磨穿鉄靴

54
ホラーではあるけど、憎しみや怨みより切なさが一歩前に来てる印象の短編集。最後の「澪つくし」は特に切ない。他どれも楽しめた。映像的なインパクトは「ジェリーフィッシュ」か。個人的にはキレ味のあるラストが好みなので全体的にラストがふんわりボヤけた感じなのが惜しい。★★★☆☆2019/01/11

ミュポトワ@猫mode

30
図書館本。ホラー小説です。後味が悪い話があります…人外が出てくる話ではなくて、村社会や人間関係の憎悪などの人間の中のドロドロしたものが中心です。こういうホラーは読後感が悪いので、あまり好きじゃない…たぶん、私がまだ精神的に幼くて、こういうドロドロしたところから目を背けたいんだろうなぁって思いました。人間、誰しもこの手の感情は持っているものなので、ここを否定すると感情の一部を全否定してしまうことになっちゃうんですけど、どうしてもね…うん、やっぱり嫌いだな…直視できなきゃ成長できないならしなくて良いや…2018/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562025

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。