数学ガール<br> 数学ガール/ゲーデルの不完全性定理

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

数学ガール
数学ガール/ゲーデルの不完全性定理

  • 著者名:結城浩【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • SBクリエイティブ(2014/03発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797352962

ファイル: /

内容説明

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

数学って不完全だったの?」20世紀の数学と哲学に大きな衝撃と影響を与えた「ゲーデルの不完全性定理」とは? 「僕」と3人の少女が、「不完全性定理」の真実に迫る、魅惑の数学物語。
本書『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』では、不完全性定理の意味を理解するため、集合と論理を基礎からていねいに学びます。

本書で取り扱う題材は、「正直者は誰?」「0.999…は1に等しいか」といったクイズ的なものから、「数学的帰納法」「ペアノの公理」
「イプシロン・デルタ論法」「公理と定理」「数学における証明とは何か」「無限」といった深いテーマまで、多岐にわたります。

前著同様、僕と、三人の数学ガール(天才少女ミルカさん、元気少女テトラちゃん、妹キャラのユーリ)が大活躍します。

前著の読者はいうまでもなく、「ゲーデルの不完全性定理」に関心をもつ読者や、数学愛好家など、
すべての数学ファンにとって、最良の一冊です。

目次

第1章 鏡のモノローグ
第2章 ペアノ・アリスメティック
第3章 ガリレオのためらい
第4章 限りなく近づく目標地点
第5章 ライプニッツの夢
第6章 イプシロン・デルタ
第7章 対角線論法
第8章 二つの孤独が生み出すもの
第9章 とまどいの螺旋階段
第10章 ゲーデルの不完全性定理

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

39
再読する機会があったので今度は腰を据えてわりと真剣に読んでみたがとても手強かった。2015/07/20

たかしくん

39
ペアノの公理、無限の定義、ε-δ論法、対角線論法...名称すら初めての私としては、テトラちゃん、ユーリちゃん、ミルカさま、主人公たちのラノベチックに味付けされた対話を楽しみながら、また何度もページを戻しながらも、なんとか「数学的概念」の考え方を追うことができました。間違えなく良書です。しかし、肝心の「ゲーデルの不完全性定理」の部分は、《数学の限界》ならぬ《私の理解の限界》でした。。。「ユーリは机に突っ伏してうなっていた」との下りの時点で、《読んでる私自身がソファーでそのまま爆睡してました!?》2014/07/04

SOHSA

35
難しいがかなり面白い。その難しさの程度が極めて巧みで、難しくて読み手が溺れるギリギリの所で著者がすっと救いの手を差し延べてくれる。読み手はその手に暫くすがった後、また数学の海に泳ぎだし、次第にまた溺れ始める。そしてまたすんでのところで手を差し延べられ…の繰り返しで、気が付けば最後まで読了している。さすがに第一不完全性定理の証明はかなり難解であったが最後まで楽しく読めた。まるっきり文系人間の私にも数学の面白さを垣間見ることができた。2013/07/09

takaC

34
双倉図書館(第10章)はほとんどチンプンカンプンだった。情けなし、自分…。2011/03/04

オザマチ

16
改めて読むと、数学ガールシリーズの中ではちょっと浮いている気がする。2020/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。