日本の名城99の謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥576
  • Kinoppy
  • Reader

日本の名城99の謎


ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

日本の「城」には21世紀を迎えた今もなお、多くの謎と不思議が存在している。
天下統一を賭けて戦った武将たちの城をめぐる攻防戦、険しい山中にそびえ立ち難攻不落といわれた城、そして自らの権力を見せつけるために建てた巨大な天守がある城など、城には、けっして世に出すわけにはいかない事件やスキャンダルが城の数だけ存在している。
そんな城の歴史の闇に隠された、謎の核心に迫ったのが本書である。
(「はじめに」より)

目次

1章 有名な城に隠された謎(名古屋城の金のシャチホコは小さくなった?;松本城はなぜ真っ黒なのか? ほか)
2章 個性的なつくりの城の謎(福岡城はわざと天守を作らなかった?;天守も石垣もない「鉄壁の城」があった? ほか)
3章 城の攻防にまつわる謎(小田原城は牛に攻め落とされた?;こやしで敵を蹴散らした千早城の秘策とは? ほか)
4章 不思議な言い伝えの謎(埋蔵金は本当にあるのか?;八王子城には亡霊がさまよっている? ほか)
5章 築城にまつわる謎(日本の城はいつ、どのように生まれた?;日本の城と世界の城の違いはどこにある? ほか)