角川文庫<br> 野性の条件

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
野性の条件

  • 著者名:森村誠一
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • KADOKAWA(2013/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041753859

ファイル: /

内容説明

窓際族という生活に折り合いをつけてきた哀川真也は、謎の美女・巨勢玲子との出会いで運命が一変する。哀川は玲子から誘われ、借金地獄に喘ぐ人やストーカー被害者などを救う組織「アネックス」に参加した。彼はその活動の中で生きることへの情熱を取り戻していく。だが、「アネックス」が某国からの亡命少女を匿ったことで事態は急変、哀川らは過酷な状況に陥っていくのだが――。人間の本質に深く踏み込んだ、傑作大河巨編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shoji

53
エンターテイメントです。ありえないスケールのバイオレンスです。さえない男、女房に浮気されるし会社では窓際だし。男はふとした巡り会わせで、ある組織に所属します。そこから先の物語がとにかく荒唐無稽。マンガのような展開でした。一言で言えば、スタローンのランボーを彷彿させる展開です。ページをめくる手が止まりませんでした。面白おかしく楽しく読むことができました。2018/09/27

gutssuzuki

0
森村氏といえば野性の証明というベストセラーがありましたね。もう36、7年前です。手にとったこちらは、現代版仕事人って感じの話でした。窓際族のさえない中年が、いきなりそんな組織の一員になってしまうというのも荒唐無稽ですが、森村氏なのでスケールが大きいです。2014/09/21

VictorianVat

0
どこかで読んだのを忘れてまた買ってしまった本。 前回読んだ時も、松田優作が演じたら面白そうな展開になるかな。と思い出してあああ この本読んだ奴やってなってしまった。

SPICE

0
久々に森村作品を読んだ。最初が星新一風な不思議なテイストが意外で、中盤が『僕らの七日間戦争』なノリ。しかしそんな中でも森村テイストはしっかり描いてあり、流石森村誠一と唸る作品です。やっぱり凄い、森村誠一さん。2013/02/28

TsumuRi

0
平凡な落ちこぼれたちが非凡な女性に誘われて日常とは違う場所でささやかな人助け活動をしていたらなんとそこに国交のない独裁国家からの亡命者が現れ俄かに物騒な方向へ。ごりっとした戦いを描いた作品。土埃の舞う映像と油の匂いが浮かんだ。人間て完全な自由は持て余すくせに退屈を飼い慣らせないのかな。2010/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/506075

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。