文春文庫<br> 学園のパーシモン

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
学園のパーシモン

  • 著者名:井上荒野
  • 価格 ¥621(本体¥565)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント増量!(~9/30まで),シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167737023
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

裕福な子弟が通う私立T学園。カリスマ学園長の死期が近いと知らされ、学園内が神経過敏になっていた頃、二人の女生徒に赤い封筒が届いた。もしやこれは、受け取った者にはバラ色の学園生活が待っているという伝説の<赤い手紙>!? 美術教師と密会する美少女・真衣と、絵の才能はあるが内気な木綿子(ゆうこ)、そして“たらし”の転校生・恭…倦怠に満ちた彼らの日常を、赤い手紙が塗りかえていく。羽化直前のサナギのような十代を妖しく描いた、ほろ苦い青春小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

優花

28
ウーン。何かよくわからなかった。まとまりがない、というか。幼稚園から大学までの一貫校で繰り広げられる出来事。と言っても特別何かあるわけでもなく。噂の「赤い手紙」が届いたからと言って何かが起こるわけでもなく。真衣も木綿子も恭ももひとつ人物に特徴がなく、真衣と美術教師磯貝の関係もとってつけたみたい。磯貝の人物もわかりづらい。荒野さんなので、何か意味するものがあるのだろうな。そこまで深く読み取れなかった。2016/07/01

エドワード

16
幼稚舎から大学まで一貫の学園。閉じられた世界で、ある者は人気者となり、ある者は息のつまる毎日を送る。その他大勢の冷たく移り気な外野。自由な学園の閉鎖的な職員室。残り四分の三辺りで「学園のパーシモン」が登場、穏やかな表面が綻び始める。皮肉にも綻びることによって若者たちは学園を離れて真価を発揮するのだ。真衣、木綿子、恭が自分の人生を再発見する終幕に希望が見える。辻村深月作「太陽の坐る場所」の地方の公立高校、三浦しをん作「秘密の花園」のミッション女子校、自分の母校ミッション男子校と比較して読み、興味深かった。2014/08/19

ゆっ

12
非現実的に受け止めちゃった。読んでいてフワフワしたり、ヒリヒリしたり慌しい本。学生の時に読んでいたら、また何か違ったのかも。2017/04/21

rakim

4
この小説を読んで初めて確認したかもしれない。あの空気感。私も「一貫校」育ちで、微妙な内外の違いを知っていたから。井上荒野さんの出身校を知って納得。2010/03/04

こっぺ

4
学園て響きに惹かれて読み始めた。どうしても恩田陸の「麦の海」のイメージが焼きついていて特殊なものを想像してしまう。もっとスタンダードな、けれどもしっかり閉鎖的な、そんな学園生活。特にこの子が気に入った、共感した、っていうのもなかったけれど、なんだか読み切れてしまった。自分で選択しているようで、本当はそんな余白は少しも残っていない、それが高校生ってやつかな、と思う。2009/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/507785

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。