ハーレクイン<br> 指輪が語る真実

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
指輪が語る真実

  • ISBN:9784596220394

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

建築設計士のジョージーは大規模な再開発事業に携わっていた。だが資金繰りが悪化し、計画は事実上中止に追い込まれてしまう。そんなとき、事業を買い取って援助の手を差し伸べてくれたのが、ハンサムなやり手実業家、ニック・バロンだった。ニックはとほうもなく裕福なのに、どこか家庭的で、ジョージーは彼に惹かれていく気持ちを抑えられなかった。今度の恋は本物――彼女がそう信じはじめたとき、なぜかニックと突然連絡がとれなくなった。再びジョージーの前に現れたとき、彼は喪服姿で、二人の男の子と生まれたばかりの赤ん坊を連れていた……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アクアマリン

1
ヒロインは、前の恋をひきづっている。妻子もち。今度の恋は、独身だけど、ヒーローの妹が、交通事故で急死、甥が3人遺された。ヒロインの気持ちもわかるが、流れに身を任せるしかない。子どもたちが、かわいそう。海のシーンは辛い。2019/04/04

葉月

0
Cの下2010/12/01

みろん

0
破産寸前の事業に携わっている女性建築設計師と、その事業を買い取った実業家とのロマンス。序盤からヒロインに都合いいように話が進行していくのはわかるとして、その分ヒーローの窮地には、ヒロインにもっと親身に献身する本当の思いやりがほしかった…。疑り深いし、仕方なく我慢して厄介ごとをこなしている感じ…。2009/10/24

Mari

0
★★☆2009/09/07

MOMO

0
これでもかっていうほど次から次へと困難が彼らを襲います。挫けそうになり、落ち込み、勘違いをし、空回りしたり、いらだちながらも、一生懸命現実に対処していく二人のロマンスは、ある意味、人や家族の結びつき考えさせられるものでもありました・・・2009/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/235222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。