どちらかが魔女 Which is the Witch? 森博嗣シリーズ短編集

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

どちらかが魔女 Which is the Witch? 森博嗣シリーズ短編集

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 講談社(2013/01発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062764186

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

西之園家のキッチンでは、ディナの準備が着々と進んでいる。ゲストは犀川、喜多、大御坊、木原。晩餐の席で木原に続き、大御坊の不思議な体験が語られた。その謎を解いたのは――(表題作)。ほかに「ぶるぶる人形にうってつけの夜」「誰もいなくなった」など、長編シリーズのキャラクタが活躍する8編を収録。(講談社文庫)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

152
5つの短編作品集から、長編で活躍する登場人物が出てきます。すでに読んでいるものばかりなのですが、これだけ集めるとまた新鮮な感覚で読むことができました。私は最近、Gシリーズばかり読んでいたのでこの短編のきっちりした構成が非常にうれしく感じました。8つの短編ですが長篇よりもいい感じでした。2016/09/14

nobby

125
「懐かしいなあ。お茶でも淹れましょう。〇〇〇〇〇」いやぁ!最後ぶっ飛んだ!Vに始まりS&Mな6編をニヤニヤ楽しみながら次に向かうべくG序章と聞いた最終編をかしこまって読んでいて目にした衝撃!そこから次々と思い至る人物相関や、そういえばと気付かされる布石の数々がジワジワと浸されるのに幸せいっぱい。あらためて森さんスゴ過ぎるわ!各篇ともに残り10頁前後での謎解きが物理的解明が主にならないのがいい(笑)「世の中、いつもいつも、すぐに答が見つかるわけじゃないんだよ」いや、そんな焦らすことなく、ちゃんと早く教えて!2021/09/25

がたやぴん

94
S&MとVシリーズの短編のみを厳選したもの。ほぼ既読のものばかりだが楽しめた。唯一、読んでいなかった作品はGシリーズに散りばめられた謎の一つに関連しておりコレを見ていないことが悔やまれる。Gへの伏線とも取れる作品は2作あり、片方は読んでいたのでGでネタが割れてきた時に「?」とはならず「アレが伏線かっ!」となれた。短編もしっかり刊行順に読んでおくべきだった。四季シリーズを読み終えて満足している人にオススメ。主要キャストに短時間で会えた上にGやXへの予習となる有難い一冊。2016/05/27

さゆ

66
ああやっぱりいいなぁと少しうっとり、少しニヤニヤしながら読了。シリーズ初心者なので、人物が完全にはリンクしないけれど、読破していくうちにツナガル瞬間が来るのが待ち遠しい。特別な登場人物たちのちょっとスパイシーな日常…と思いながら最終篇にたどり着いてみればまさかのリンクが現れたり。この緻密な構成や思考のトレースや、接着剤の硬化や、青チョイスの安全側デザインや、それに!プレゼントの後はどんな感じだったの? とじわじわと何重にも楽しめる1冊でした。やっぱり好きだなぁ。そうそう、建物の平面図は"MOE"ですよね。2015/06/02

ソラ

50
最後の短編、刀之津診療所の怪が特に良かった。Vシリーズのその後の二人の様子が垣間見れた。どの短編も良作。2014/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。