文春文庫<br> Run! run! run!

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
Run! run! run!

  • 著者名:桂望実
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント40倍!(~9/30まで)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167771010
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

天才ランナー、岡崎優は大学1年生。長距離ランナーとして生まれつきずば抜けた素質を持つ。それだけでなく、元アスリートの父の指導で、ずっと人一倍の努力を積んできた。体調管理も感情のコントロールも当然のことだ。レベルが違いすぎる同じ陸上部の仲間に対しては協調性も興味もなく、友情はわずらわしいだけ。箱根駅伝も単なる通過点に過ぎない。目標はひたすら、オリンピックで金メダルを獲ることだった。突然の兄の死、そしてある秘密を知るまでは…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

78
前のも情報無しに読んだら、胸熱な箱根駅伝ものでした。才能があり、オリンピックを目指してひたすら走る大学生の優。とにかく俺様で、自分が早く走ることしか考えていない。しかし似ていない兄が自殺して、自分の出生に疑問を持つ。保身の為に箱根駅伝を辞退して、同級生岩本のサポートに。そこから徐々に変わっていく。才能とは?身体的な能力は、持って生まれないとダメなのか?そして陸上というスポーツにおけるチームとは。努力を惜しまなかった優だけに、ラストの決断に至ったのだろうな。うん、目頭あつくなるいいお話でした。2020/07/01

hit4papa

54
孤高のとんがり学生ランナーが主役のスポーツ小説です。駅伝で脚光を浴び、末はオリンピックのメダリストを目指す主人公は、他人から何を言われようが上から目線。まさに孤高の天才です。練習にまい進する日々と並行して語られるのは、兄の死をきっかけにした家族の崩壊。やがて自身の出生の秘密を知り、人生の岐路に立たされてしまうという展開です。挫折からの再起のようなスポ根小説の王道から大きく外れているあたりは、ユニークで面白いですね。主人公の出生に関して腑に落ちない点はあるものの、終盤は良い意味で想像を裏切ってくれました。2019/03/24

みち

49
思っていた内容(爽快スポーツ小説)とはちょっと違ったけど、人間の葛藤と成長が描かれていて、ぐいぐい惹き込まれて、あっという間に読んだ。アスリートはどんな競技にしても、平常心を保ち、自分を信じる強い心が必要なんだなと思った。岩ちゃん、きっといい先生になってるんだろうな。2015/03/15

アポロ

38
うーん、「チーム」と「一瞬の風になれ」を足して2で割ったような感じだったな!踏み込んでは行けないところまでいっちゃった感あるし!どっちも読んでなければ感想も違ったかな!2017/03/31

Walhalla

28
かなり異色な青春スポーツ小説ですね。 タイトルや表紙から想像していたものとは全く違っていてびっくりしましたが、スポーツであれ、勉学であれ、自分を褒めてあげれるぐらい努力する姿勢は、とても美しいですね。 ちょうど、リオデジャネイロオリンピックが開催中ですが、積読本の中からたまたま選んだこの作品、すごくタイムリーでした。2016/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/515339

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。