光文社文庫<br> 陪審15号法廷 - 長編推理小説

個数:1
紙書籍版価格 ¥679
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫
陪審15号法廷 - 長編推理小説

  • 著者名:和久峻三
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 光文社(2009/05発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本でも陪審裁判が行われていた、昭和4年の京都。銀行頭取が殺害され、邸(やしき)に放火される事件が起きた。被告人である頭取の妻の愛人は、無実を主張。ところが、被告側の有力証人が、衆人環視(しゅうじんかんし)の法廷で射殺されてしまった! 廷内にピストルが持ち込まれた形跡はなく、発射音を聞いた者もいない。どんでん返しに次ぐどんでん返し――著者渾身(こんしん)の異色法廷ミステリー!