働き方 ―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

働き方 ―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

  • 著者名:稲盛和夫【著者】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 三笠書房(2014/10発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784837923107

ファイル: /

内容説明

現代における「最高の働き方」とは?ベストセラー『生き方』『稲盛和夫の実学』の著者による書下ろし!「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかける!「人生において価値あるものを手に入れる法」、「平凡な人を非凡な人に変えるもの」、そして「成功に至るための実学」──。「本書を通じて、一人でも多くの方々が、『働く』ことの意義を深め、幸福で素晴らしい人生を送っていただくことを心から祈ります」(稲盛和夫)管理職になる人、社会に出る人、就職を目指す人、必読の書!

目次

プロローグ 幸福になる「働き方」
1章 「心を高める」ために働く―なぜ働くのか
2章 「仕事を好きになる」ように働く―いかに仕事に取り組むか
3章 「高い目標」を掲げて働く―誰にも負けない努力を重ねる
4章 今日一日を「一生懸命」に働く―継続は力なり
5章 「完璧主義」で働く―いかにいい仕事をするか
6章 「創造的」に働く―日々、創意工夫を重ねる
エピローグ 「人生・仕事の結果」=「考え方×熱意×能力」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みゃーこ

126
現代じゃ泥臭さや非効率を嫌う時代。しかしいくら流行らない考え方とは言え、自分の製品を抱いて寝るくらい愛情を持って仕事と向き合わない限り新しいテーマ、難しいテーマに挑戦して乗り越える仕事の醍醐味は心底から味わえないと思う。閉塞感漂う現代社会で真面目な人ほど働くことの意味や本質を真剣に考えてしまう。敢えてこんな時代だからこそどうせ考えるならとことん。本書を読むことで今目の前にある仕事に全力の愛情を注ぐこと、日々の仕事への姿勢、明日への活力につながる一冊。2013/11/29

あすなろ

68
仕事を好きになり惚れること。そして、未だに稲盛氏は鏡の前て自分の顔を見ながらバカモンがと自らを叱る。そんな稲盛氏の著書。すごいなぁと問答無用で思う次第。中でも今の自分として役に立った内容は、出来ない仕事を出来るに変える・もうダメだと思った時が第2のスタート地点・完成形が思い浮かぶなら必ず成功する・創造は素人がするもので専門家がするものにあらず・頭いい人間には悲観論者多い−プロジェクトマネージャーに相応しいか否か等有益な示唆を得られた。が、まずは自分そして貴方は仕事が好きで惚れてるか?が肝要。2018/11/11

sas

43
良書。残業削減、ワークライフバランスの重視など時代が変わってきているが、働くことの考え方はやはり変わらないのではないか。「働くことが人をつくる」のは全くその通り。そのためには「愚直に、真面目に、地道に、誠実に」働くことが何より大事なのだ。平凡な人でも、高い目標を掲げ続け、その実現を思い続け、持てる力をすべて出した人が成功を掴める。ある意味当り前のことかもしれないが、それを実行できるかどうかということだろう。新しいことに挑戦するには「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」ことが最良の方法。2016/11/19

麒麟の翼

37
2年ぶりの再読。 ドラッカーの『マネジメント』からの本著は、共に教科書的な名著であり、仕事や考え方について再確認することが出来た。 今回特に印象に残ったのは、『人生・仕事の結果=考え方✕熱意✕能力』の方程式。いずれかが0点なら0点だし、『考え方』には+100〜−100点の振れ幅があることを考えると、「成功をイメージし、見えるまで考え抜く」ことを習慣化したいと感じた。 ドラッカーの『真摯さ』も方程式に加え、自身や組織の成長に繋げたい。2020/03/28

薦渕雅春

37
友達から頂いた本。序盤、プロローグからズバっと来てる。ーー 働くことは「万病に効く薬」ーー「私たちの人生は、さまざまな苦難から成り立っています。自分が望んだり、招いたりしたわけでもないのに、思いもかけない不幸が次々に襲ってきます。そのような苦難や不幸に翻弄されるとき、私たちは自らの運命を恨み、つい打ちひしがれそうになってしまうものです。しかし、『働く』こと自体に、そのような過酷な運命を克服し、人生を明るく希望あふれるものにしていく、素晴らしい力が秘められているのです」妥協しない考え方、姿勢が示されている。2019/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/519108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。