幽ブックス<br> 怪談文芸ハンドブック 愉しく読む、書く、蒐める - 愉しく読む、書く、蒐める

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,639
  • Kinoppy
  • Reader

幽ブックス
怪談文芸ハンドブック 愉しく読む、書く、蒐める - 愉しく読む、書く、蒐める

  • 著者名:東雅夫【著者】
  • 価格 ¥1,257(本体¥1,143)
  • KADOKAWA(2014/04発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784840127516
  • NDC分類:902.3

ファイル: /

内容説明

「怪談の定義」「ホラーとの違いは?」「創作怪談と実話怪談の違いは?」「長篇怪談の書き方教えて」「怪談名作ブックガイドを知りたい」「怪談の歴史を知りたい」・・・。『幽』編集長・東雅夫に寄せられたさまざまな疑問に、お答えする一冊。なぜ今、宮部みゆきや京極夏彦は「怪談」を書くのか?「怪談」ブームの仕掛け人である東雅夫が、文学的に、歴史的に、怪談の魅力を紹介していきます。

目次

第1部 怪談をめぐる七つのQ&A(怪談の定義とは? 怪談に特有の魅力とは? ホラーと怪談の違いは? なぜ今、ホラーではなく怪談なのか? 創作怪談と実話怪談 長い怪談と短い怪談 怪談の蒐集執筆のコツは?)
第2部 怪談の歴史を知る(古代の文学と怪談と 欧米怪談文学史をたどる 日本における怪談文芸の系譜)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ksid

12
怪談の創作のコツや東西の怪談文学の歴史について語った評論集。情報量は膨大だが、既存の学説など根拠を求めることが少ないため(文献紹介はあっても、どういう議論がなされてきたかまではあまり触れない)、どこまで信じてよいものか判断ができず評価が難しい。著者の書籍は何冊か読んだがいつもこの調子で、読んでも内容が身につかないのでもう評論集は読むのを止めようと思った。2020/06/13

王天上

5
これから怪奇幻想文学をしらみつぶしにしようとしている矢先に出会った、ありがたい一冊。膨大にありますね。最終的に古事記とか読んでいる自分に出会ったりするのだろうか。2016/08/28

ぼの

3
★★★★。「怪談」文芸の入門書。第一部のQ&Aも参考になるが、第二部に記された古今東西の怪談の歴史は読み応え十分。誤解を恐れずに極論を書くと全ての物語は怪談に通ず、という印象を受けた。この本に取り上げられている怪談は読んでみないと。2009/09/20

ハルト

3
なによりまず、先達たちの「怪談」というものに対する熱病のごとき情熱に、ただ圧倒された。古今東西さまざま「怪談」の知識に唸らされ、さらにまた「怪談」の深みへとはまりかけているのは、当然の仕儀と言うべきか。本来の意味あいは違うけれど、ニーチェの「深淵をのぞく時〜」という言葉を思い出した。「怪談」に闇の中から、こっちにおいでと誘われているかのよう。前半部は「怪談」というものをわかりやすく解題してあって、あらためて「怪談」というものの深さに気づかされた。2009/08/29

紅独歩

3
現在、いわゆる「怪談」として流通しているものが、実は大河の支流のほんの一筋である事を知るには最適の書。第一部では「怪談とは何か」という定義から「どう書くか、どう収集するか」のテクニックまでが、噛んでふくめる様に説明されている。第二部は、現代に至るまでの怪談の歴史のナビゲート。日本の最古の怪談を「古事記」ではなく「アイヌ神謡集」にもとめるあたり、目配りがきいている。読む者を映す鏡のような一冊だ。2009/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/139396

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。