お客をハメる「売れる!」心理学 「売れる」「売れない」には、理由がある

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

お客をハメる「売れる!」心理学 「売れる」「売れない」には、理由がある

  • 著者名:内藤誼人【著】
  • 価格 ¥1,287(本体¥1,170)
  • 学研(2014/09発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

同様な商品でも売れるもの、売れないものがあるのは? なぜ、人は限定発売に弱いのか? 口コミの広告効果は? 経済は人の気持ち次第! 未曾有の世界不況時代に知っておくべき消費者心理、市場心理をカリスマ心理学者が、わかりやすく解説。

目次

第1章 お客の“心”の中は、いったい、どうなっているのか?(お客はドキドキを求めて買い物する;極端より、ほどほどの商品が好まれる(ピンク・赤・紫・青の花;黄色やオレンジ色の花;白い花;緑や褐色の花) ほか)
第2章 お客の「買う気」を引き出す心理テクニック(表現の違いで、お客の判断は変えられる;おまけはケチケチせずにどんどんつけろ ほか)
第3章 お客の心を奪う営業マンは、どうやってモノを売っているのか?(話は、「?でもけっこうですから」と切り出せ;「笑顔が営業の基本」と言われる理由とは? ほか)
第4章 売れる「お店」がこっそりやっている仕掛け(豊富すぎる品揃えは、かえってお客を困惑させる;品揃えが少なすぎてもお客は不満を感じる ほか)
第5章 どんな“広告”が人の心を動かすのか?(「広告の効果は3日で擦り切れる」はウソ;咄嗟のときに思い出すのは、広告回数の多い商品 ほか)