朝日文庫<br> 新潟少女監禁事件 - 密室の3364日

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

朝日文庫
新潟少女監禁事件 - 密室の3364日

  • 著者名:松田美智子
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 朝日新聞出版(2009/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

男はなぜ少女を拉致したのか?9年2か月にわたる監禁の全貌とその後の新事実を明かす衝撃のノンフィクション。新潟地裁から最高裁まで取材し続けた著者が、事件の経緯と男の心理を丹念に追い、監禁事件の真実を炙りだす。文庫化にあたり再取材を重ねて、大幅加筆。 《解説・大谷昭宏》

目次

第1章 事件発覚(北へ走る男;少女が消えた ほか)
第2章 裁判(私は幸せ。自由になれたから―初公判・平成十二年五月二十三日;彼女が汚染されるのが許せなかったんです―第二回公判・平成十二年六月二十七日 ほか)
第3章 判決(間違いのないように、やっていく―第六回公判・平成十三年十月十六日;男を日の当たる場所に出さないで―第七回公判・平成十三年十一月三十日 ほか)
第4章 控訴審(原判決の量刑はあまりに重すぎる―初公判・平成十四年十月二十二日;情状酌量ではない―控訴審判決・平成十四年十二月十日)
第5章 上告審(原判決を破棄する―上告審・平成十五年六月十二日・七月十日;判決その後―二度と彼女に会うつもりはありません)