中経の文庫<br> 日本の妖術師列伝

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
日本の妖術師列伝

  • 著者名:中見利男
  • 価格 ¥616(本体¥571)
  • 特価 ¥184(本体¥171)
  • KADOKAWA(2013/11発売)
  • ゴールデンウィーク Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~5/6)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

中国の道教に源流をもつ日本の妖術は、陰陽道や修験道、忍術など独自の変遷を遂げながらも命脈を保ち続けた。役小角、安部晴明、果心居士、小野篁… 本書は、日本史の裏の世界に時折出現する陰陽師、道士、密教僧、修験道などにスポットを当てて、これまで体系化されてこなかった彼らの系譜を一本の線につなぎ、その実態に迫る。
※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。
(底本発行日:2009/01/01)

目次

第1章 妖術四天王(役小角―修験道の祖、役行者 空海―真言宗の祖、弘法大師 ほか)
第2章 飛鳥から平安前期の妖術師たち(聖徳太子―日本妖術の王 吉備真備―陰陽道の祖 ほか)
第3章 平安中期から後期の妖術師たち(蘆屋道満―安倍晴明の永遠のライバル 智徳法師―妖術で稼いだ民間陰陽師 ほか)
第4章 鎌倉、室町、戦国時代の妖術師たち(観阿弥―忍びの極意を得た能の創始者 世阿弥―忍者と悪党の血を引く猿楽師 ほか)
第5章 江戸時代から明治・大正・昭和の妖術師たち(長谷川角行―江戸の富士信仰の開祖 芥川九郎右衛門―甲賀忍者のエリート ほか)