光文社新書<br> 女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか? - 「承認されたい自分」の時代

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
女はなぜキャバクラ嬢になりたいのか? - 「承認されたい自分」の時代

  • 著者名:三浦展/柳内圭雄
  • 価格 ¥712(本体¥660)
  • 光文社(2008/11発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

15~22歳の女子の2割がキャバクラ嬢になりたい! この価値観の大転換の背景にあるのは、格差社会の拡大、地域社会の解体、高齢化、離婚の増加……。『下流社会』の論客が鋭く分析。

目次

第1章 キャバクラ嬢になりたいのはこんな女子(15~22歳の女子の2割がキャバクラ嬢になりたい! 人気職業ベスト3は、女優・モデル、ミュージシャン、タレントなど芸能系 好きなことを仕事にしたいのは下流化か? ほか)
第2章 キャバクラ嬢の好みと生活(キャバクラ嬢の出身地―女の子たちは北からやってくる キャバクラ嬢になった理由―給料アップや学費のため 将来キャバクラ嬢になりたい理由―家庭や学校に居場所がない ほか)
第3章 キャバクラ嬢になりたい女子はなぜ増えたのか?(キャバクラ嬢になりたい女子増加の基礎はギャル文化の拡大 性意識の解放の影響 バブル崩壊の影響 ほか)