角川ホラー文庫<br> 粘膜人間

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川ホラー文庫
粘膜人間

  • 著者名:飴村行【区分表記なし】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043913015

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「弟を殺そう」――身長195cm、体重105kgという異形な巨体を持つ小学生の雷太。その暴力に脅える長兄の利一と次兄の祐二は、弟の殺害を計画した。だが圧倒的な体力差に為すすべもない二人は、父親までも蹂躙されるにいたり、村のはずれに棲む“ある男たち”に依頼することにした。グロテスクな容貌を持つ彼らは何者なのか? そして待ち受ける凄絶な運命とは……。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

305
おもしれぇ、クソ漏れるぐれぇおもしれぇ! 徹底的に嫌悪感と不快感を催させるキャラクターたちに、エログロバイオレンスの嵐。しかも物語は尻切れトンボで終わると来る。しかしなにがおもしろいかと言えば、そもそもの兄弟の計画が狂い始めたことによる「このあとどうなるんだろう?」という展開を定期的に入れることによる惹きの強さと、言葉の選び方のセンス。個人的には「女の股ぐら泉にマラボウを入れてソクソクする」グッチャネあたりのセンスは脱帽ものだった。2018/01/22

三代目 びあだいまおう

290
ホラーというより、グロテスクというより、終始感じていたのは『キモッ』でした。「雷太を殺そう」から始まるストーリー、荒唐無稽で奇天烈なのに、妙に世界に入り込む。雷太は11才で身長195センチ、兄や父親からも恐れられる乱暴者。弟殺害を目論むもとても勝てそうにない。兄達は村外れの河童兄弟に頼み込む。見返りに求められたのは人間の少女。主な登場人物は以上。兄達、少女、河童それぞれの視点で章が重なる。スピーディーに読ませるが、個人的には女性にはお薦めしたくない!描写の気持ち悪さが、なんかねぇ、とっても不快なの‼️🙇2020/09/12

しんごろ

231
この物語はギャーッと言うより、ヒーッとなるね。そして、腹立たしいが怖いけど意外に一気に読み進む。そして、腹立たしいがグッチャネが頭に残る。読み終えて、着地点はどこよ!とツッコミたくなります。長編というよりは、連作短編な感じ。リアルな世界だと読むのが、しんどかったと思いますが、昭和初期テイストの異世界な感じだから、それなりに読めました。それでも、やっぱりホラー、グロい、エグいは苦手だな。2018/09/15

おしゃべりメガネ

188
前からよく見かける作品で、先日こちら読メにてお気に入りさんのレビューを拝見し、まさしく文字どおり?’コワイもの見たさ’で手にとりチャレンジしました。とにかく一言では言い尽くせない世界観に圧倒されます。あとがきにも評されているように「グロテスク・スプラッター・ホラー」と言うのがドンピシャな表現の1冊です。ひたすら殺戮と破壊を繰り返す展開は、もはやただ単純なホラーでは決してありません。読んでて当然?キモチのいいモノではありませんでしたが、インパクトがハンパないキョーレツな作品なのは間違いありませんでした。2018/06/21

absinthe

156
個性的な作品。粘膜人間という表題とは無関係。河童の住むようなメルヘン世界に、妙な人間臭さをミックスしておぞましい世界にした。弟を殺すとか、毒で人間を溶かすなど、怖い描写もあるが、どこかユーモラスだ。小説を投稿して何度も落選した著者が、最後に開き直って描いた作品と解説されていたが、この容赦のない描写はそういう背景があったのか。この後の粘膜蜥蜴や粘膜兄弟も面白いが、独特の世界観はこれが原点だろう。いい作品だとは思うけど、再読したいと思わない。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/560374

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。